ページ

2007/10/28

高齢者のキノコ採り遭難死

倒木の上にナラタケ。
今日もまた仕事で、山へ行けない。
「サモダシ食いたい病」はかなりエスカレートして、舌がヒクヒクよだれビロビロなのだが、仕事をしないとサモダシどころか、おマンマが食えない。

2007/10/21

八甲田古道空想(下湯温泉から酸ヶ湯温泉へ)

空想犬。
朝と夕方に現場の仕事が入って、10時から2時頃までが自由な時間になったので、犬を連れて散歩がてら下湯ダムまで行って来た。
午前中は小雨、午後からは陽が射して、気温もちょっと上昇。
今日は雨を心配してカメラは持って行かなかった。

下湯ダムのダム湖の上流部分に広い公園がある。
ダム湖の西側に水辺公園とその上流にあやめ公園、ダム湖の東側の小高い丘が運動公園。

2007/10/14

机上の方法、暗中模索のキノコ採りの道

開いたナメコ。あと2~3日で腐り始める。
2万5千分の1の地形図に、キノコの姿を念じながら線を引いて、「キノコ採りの道」と名付け、その線上をシルバーコンパスを頼りに歩いてみる。
藪こぎしながら歩く、暗中模索の「キノコ採りの道」。
私のキノコ採りの方法である。

紅葉は終わりかけだが、雪を待つ森の雰囲気が、静かで心地良い。
キノコ採りもまた、ハイキングの方法なのだ。
森の宝を探し求めて歩くハイキング。

2007/10/07

キノコの森へ


今日もキノコの森をめざした。
めざして、さまよい歩いた。
どこにあるのか、行ってみなければわからないキノコの森。

大量のキノコは、いつも偶然見つかる。
何気なく目をやると、そこに倒木があって、「あれ、あの倒木はどんなんだべ」と思って近づいてみると、突然、大量のキノコが出現。

こんな記事も読まれています

過去7日間の人気記事