2008/02/10

晴れた休日に、犬を連れて雪山散歩


ダケカンバの林。
はぁ〜、晴れた良いお天気ね〜ぇ。犬を連れて酸ヶ湯温泉の裏の方、酸ヶ湯沢に沿ってちょこっと歩いたのだなぁ〜。

2008/02/03

ダレた犬と雲谷へスキー散歩

朝からダラダラしている犬。
夕方から現場仕事なので、疲れない程度にお散歩スキー。
上の写真のように、立入り禁止の畳の部屋に侵入してグデグデしている犬を引っ張って雲谷へ。
上天気のモヤヒルズの周辺を沢沿いに散歩。

2008/01/27

雲谷で急斜面テレマークターンに再挑戦

荒れ模様のモヤヒルズ。
週間天気予報によると、青森は先週末の木曜日、金曜日に大量の降雪があるということだったが、結果はそんなに降ってはいない。 

昨夜の市内の降雪は、10センチ程度。 

朝10時頃の気温は、雲谷で−5.5度。
今回もモヤヒルズは、午前券終了時刻まで吹き荒れていた。 
家にもどったら、午前中、青森市の中心部は青空が見えて良いお天気だったということ。 
「雪雲」は雲谷に引っ掛かって、雲谷から離れようとしなかったらしい。 

2008/01/20

モヤヒルズ(旧雲谷スキー場)でガタガタ滑り

駐車場から見える旧第三ゲレンデ。
昨シーズンは暖冬小雪だったため、モヤヒルズには1回も行っていない。
今シーズンは今日が初めてのモヤヒルズ。

青森市内は昨夜12〜3センチの降雪があったので、旧第三(現在カタクリゲレンデ)の深雪がいい具合になってるんでは、とクルマを走らせ、9時頃駐車場到着。

2008/01/13

八甲田スキー場の樹氷の様子

樹氷になりかけのアオモリトドマツ。
スキー場へ向かう途中の山道が、吹雪いて無かったので、八甲田スキー場のお天気は案外良いんじゃないかと期待した。

荒れ模様であっても、割とゆるい「好天寄り」を期待したのだ。

スキー場に到着時は陽はさしていないものの、ゲレンデは思いのほか明るい。

リフトから降りて、コースへ向かう平地並みの超ロングダラダラ緩斜面は、絶好ラクチン雪質のはずが 意外とスキーが滑らない 。

私だけではなく皆滑らずに、いや滑れずにノコノコ歩いている。

相当冷え込んでいると思っていたが 、雪は少し湿った感じでちょっと重め。

軽めのパウダーへの期待が外れた。

それでも、今シーズンになってからでは良い雪質の方なのかもしれない。

しかし、超ロングダラダラ緩斜面を楽に滑れないロスタイムとエネルギー消耗で、今日はあんまり稼げないなと、リフトの本数稼ぎはあきらめた。

天気の変転は、吹雪いたり曇ったり。

薄い雲の奥に、太陽の影が見えたりしたが、明るい陽の光がさすほどではない。

リフト下(立入り禁止区域なのだが・・・)に入ってみると、アメリカ人ボーダーにすっかり荒らされていて、圧雪状態。

何よりも積雪が充分で無いから、リフト下(立入り禁止区域なのだが・・・)も快適では無い。

帰り間際に大量の降雪があり、割と良いパウダーになったが、もう時間も体力も切れかかっておったわい。

明日、天気が良かったらスキー場は、今夜の降雪で今シーズン最高気分を味わえるかもしれんが、明日は仕事。

上の写真は、スキー場の「平地並みの超ロングダラダラ緩斜面」のかたわらのアオモリトドマツ。

これでは、まだ樹氷と言えない。

今年の八甲田スキー場のアオモリトドマツは、降雪・吹雪をまとい重ねて大きなモンスターに育つのか。

それとも暖気に溶け落ちては小規模の雪の附着を繰り返すのか。

たぶん、今年は、後者かも知れない。

興味のある方は、このブログ内のテレマークスキー記事まとめページへどうぞ

スポンサーリンク