2015/05/31

心地よい森の中の登山道、野辺地・烏帽子岳(えぼしだけ)ハイキング

烏帽子岳野営場の中を登山道が通っている。
青森市内は午前中雨。
天気予報では、上北方面が晴れマークだったので、野辺地町の烏帽子岳(719.6m)へ向かう。

野辺地町の烏帽子岳と書いたが、当山は東津軽郡平内町と上北郡野辺地町・東北町の町境上にある。

途上、天気は、平内町の小湊あたりから、しだいに晴れ。

国道4号線で野辺地町に入り、「青い森鉄道」の線路を越えて、最初の信号交差点を右折する。
この交差点には「八戸学園野辺地西高等学校」という青い看板が立っている。

2015/05/30

春から夏にかけて咲く小さな水色の花、ノハラムラサキ

物置の陰で生育しているノハラムラサキ。
駐車場脇の物置の陰で、ノハラムラサキが咲いていた。
ヨーロッパ原産で、ムラサキ科ワスレナグサ属の山野草。
有名なワスレナグサに似ていると言われているが、花の大きさが2~4ミリで、ワスレナグサよりも小さい。

公園で見かけたハクセキレイ

芝生の上を散歩しているハクセキレイ。
公園の芝生の上を、尾を上下に振りながら歩いている小鳥がいた。
コンパクトデジカメでズーム撮影。
一眼レフを持っていたら、もっと面白い写真が撮れたのだが。
コンパクトデジカメのズームでは、これが精一杯。

2015/05/29

ソメイヨシノの木に、果実が実った

ソメイヨシノのサクランボ。
近所の公園のソメイヨシノが実を結んだ。
小さな小さなサクランボ。
姿は可愛いけれど、人間の食用には、酸っぱすぎて向かない。
 と、口にした人が話していた。

こんな可愛い実をかじるとは、なんて残酷なと、桜のお姫様は思ったかも知れない。
可愛い小鳥がついばむ程には、良いのだけれど。

巨大な草、オオイタドリの繁茂

オオイタドリが繁茂する空き地。
近所の空き地で、今年もオオイタドリが繁茂している。
刈られることもなく、自由気ままに生育しているご様子。

オオイタドリは、タデ科の多年草で、背丈は3メートルから4メートル近くまで伸びる大型の草本植物。
近縁種にやや小型なイタドリがあるが、青森県内の日本海側ではオオイタドリを多く見かけるように思う。
姿が大きくてよく目立つので、そう思うのかも知れないが。

花期はこれから。
花が咲く頃(7月ごろ)は、上の写真よりも一回り大きく育っている。

2015/05/28

「シェー」のポーズの銅像「天宇受賣命(アメノウズメノミコト)之像」

花壇の真ん中に「シェー」のブロンズ像。
青森市の平和公園内に、チューリップの花壇がある。
その場所は、公園の中央部よりやや西寄り。
上の写真のように、今はもう咲き終わったチューリップ花壇の真ん中には、「シェー」のポーズをした銅像が立っている。

「シェー」のポーズとは、今は亡き赤塚不二夫氏の漫画「おそ松くん」に登場するイヤミという人物のポーズ。
彼がびっくりしたときに、「シェー」と奇声を上げながら、手足を上げて曲げる有名なポーズだ。

この銅像は、「天宇受賣命(アメノウズメノミコト)之像」と名付けられている。
銅像の作者は古藤正雄氏、原画は棟方志功氏の作だという。

2015/05/27

人は、なぜ悪態をつくのか(居酒屋編)

悩む女性

居酒屋で、二人連れの女性のひとりが、相方の女性にまくし立てている。
かなりヒートアップしているご様子。

「わたし、この間ねぇ、70過ぎのジジイにババア呼ばわりされたのよ、失礼しちゃうわ!」
「ひっどーい!」
連れの女性が、しきりに相槌を打つ。

「わたしは、まだ29よ、29の若さで、なんで、70過ぎのジジイにババアって言われなくっちゃいけないわけぇー!」

2015/05/24

消えていく残雪を求めて南八甲田逆川岳へハイキング

国道103号線、城ヶ倉温泉近くの三叉路から横岳の残雪部分をズーム撮影。
今日の青森市内は最高気温が28.4度まで上がった。
この地方の、5月の気温にしては、かなり暑い。

朝8時頃で、もう23度あった。
そこで、八甲田山の残雪地帯に涼みに行くことに。

城ヶ倉温泉近くの国道103号線から南八甲田連峰横岳方面を眺めると、横岳の上の方、七沢右岸あたり(上の写真)の残雪量が目立って多い。

逆川岳稜線から横岳山頂付近まで、雪がつながっているようにも見える。
4月にスキーハイキングした逆川岳・横岳周遊パノラマコースの稜線だ。

2015/05/21

餌をついばむスズメの写真

餌(木の実)をついばむスズメ。
公園を散歩中、餌をついばんでいるスズメを見かけたので写真に撮った。
何枚か写したのだが、かろうじてアップできたのが、上の写真だけ。

餌を食べるという仕事をしているスズメの写真は難しい。
木の枝にとまって、じっと考え事をしている姿だったら、良い写真が撮れたことだろう。

ちょっと小首を傾げているスズメの写真はよく見かける。

2015/05/18

青空に立ち上がるトチノキの花に導かれて縄文をイメージした

トチノキの花が咲いた。
公園のトチノキの花が咲いた。
青森市の平和公園では、早春のサンシュユに始まって、夏頃までに、いろいろな木々の花が咲く。

今は、トチノキが花盛り。

穂状に立ち上がった花が、陽を浴びている。
青空に向かって立ち上がる様は、小学生の挙手を連想させる。
ハイ、ハイという、賑やかな声が聞こえそうな、花の咲き姿。

2015/05/16

南八甲田残雪スキー散歩

笠松峠方面から北八甲田石倉岳(左)と硫黄岳(右)を眺める。
去年の残雪ギリギリ南八甲田は6月1日だった。
今年は積雪が少なく、雪融けも早い。

今日あたりが、残雪ギリギリの限界ではなかろうか。
そう思いながら、曇天濃ガスの八甲田に来てみた。

家を出るのが、ちょっと遅かった。
そのため、山へ入ったのがお昼の11時近くになった。

笠松峠から赤水沢沿いにスキーで進もうという計画。
山へ入ってみれば、アオモリトドマツの森の中は残雪不足。
根開き穴(根回り穴)が広がり過ぎて、歩くのが容易でない。

2015/05/15

タニウツギの花は、どうして忌み嫌われているのか?

川岸のタニウツギ。
青森市の堤川の川岸で、タニウツギが花を咲かせている。

堤川は、中流部から下流にかけて、コンクリート堤防で川岸を囲まれている。
青森高校などのボート部の艇庫がある辺りは、川とコンクリート堤防のあいだが、幅2~3メートルぐらいの緑地(立入は禁止されている)になっている。
その緑地に、ポツリポツリとタニウツギの木が自生していて、この時期、花を咲かせている。

意外と脆(もろ)いスギナの制空権(ヒメオドリコソウの侵出)

スギナのジャングルの中に、斥候のようなヒメオドリコソウがちらほら。
事務所の軒下は、あっという間にスギナのジャングルに。
緑が美しい、などと言ってはいられない。
放っておくと、どんどん背を伸ばして、やぶ蚊の温床になる。

少しずつ抜き取っているが、三方の軒下が緑のジャングルだからたまらない。
一回り抜き取った頃には、最初手をかけたほうから、また生えてくる。

2015/05/14

咳をすると頭が痛い「良性咳嗽(がいそう)性頭痛」

頭痛退散、爽やか風景。
春の乾燥した空気のせいか、高齢になったせいか、昨日は空咳が多かった。

風邪かなと思ったが、熱とか食欲不振とか体のだるさとか、そんな兆候はどこにも無い。
ちょっとした喉のいがらっぽさからくる空咳なのだろう。
こういうことは、今までにも、たまにあった。

2015/05/13

タラの芽に似ているニワウルシの新芽

ニワウルシの芽。
近所の公園のニワウルシが芽を出している。
芽が成長して、赤色の若葉になっているものも多い。

ニワウルシの新芽は、山菜の「タラの芽」に似ている。
タラの芽とは、ウコギ科のタラノキの新芽のこと。
タラの芽は、天ぷらで食べると美味しい山菜として重宝にされている。

2015/05/12

気分が落ち込むと顔がお爺さんになる

夕暮れの飲食店街。

居酒屋で、気分の変動が激しい人を見かけることがある。
特に小さなカウンター居酒屋とかの、不特定の人物が出入りする狭い空間では、そういう人の傾向(性癖?)があらわになりやすいようだ。

ある意味、閉鎖的な空間の中で、周囲の雰囲気(事象?)に影響されやすいのだろう。
居酒屋とかスナックは、そこに滞在している間は、時間限定の擬似閉鎖空間になる。

通常は、飲み終わって店を出るまで、最初座った席に固定される。
隣に、気が合わない常連客が座っても、店を出る以外には、我慢して座っているしかない。

2015/05/07

山での忘れ物は、また手元にもどってくるのか?

萱野高原から北八甲田を眺める。

連休最終日になった昨日の山行で、大岳南斜面の残雪最上部に、スキーのシールを忘れた。

シールとは、クライミングスキンとかクライミングシールとか呼ばれている山スキーの道具。
スキーを履いたまま山の斜面を登るために、スキー板の裏(ソール)に貼り付ける毛皮みたいなもの。
この毛皮の逆毛が、登高の際、後ろへの滑り止めの役割をする仕掛けになっている。

シールは、私のスキーハイキングには無くてはならないもの。
新たに購入するとなると2万円ちょっとの出費になる。

2015/05/06

北八甲田大岳と硫黄岳の快適春スキー

本日の行程図(緑線:登り 紺線:下り。行程線はブログ管理人の書き込み)。出典:国土地理院ホームページ。

2015/05/05

北八甲田で長い急斜面のスキー滑降を楽しみたいなら高田大岳南東斜面が一番

本日の行程図(緑線:登り 紺線:下り。行程線は、ブログ管理人の書き込み)。出典:国土地理院ホームページ。
どんどんと雪融けが進むなか、谷地温泉スタート・ゴールで北八甲田高田大岳へ。
谷地温泉は、ただいま工事中で、この連休も営業していない様子。
連休中は、その増築工事もお休みのようで静まり返っている。

高田大岳の雪消えがはやいせいかスキーヤーの姿はない。
谷地温泉の駐車場はガランとして、駐車車両は私のクルマだけ。
本日の登山者も、私だけ。
まったく静か。
連休とは思えない。

2015/05/03

桜の花は、仕舞い際が美しい

最後の桜花。
桜は、散り際が美しいとは、よく聞くお話。
散り際とは、咲いていた桜の花が、咲いていた姿のまま散り始めるときのこと。
桜吹雪も、散り際の美しさになるのだろう。

美しい姿のまま、ぱっと潔く散る。
萎んで枯れかけても、まだ枝先に付いている花は潔くないというイメージ。
日本人が桜が好きなのは、その散る姿が美しいからだと言われている。

2015/05/02

津軽半島ミニドライブ写真集

ヒメオドリコソウ(稲垣町:河川敷公園)。
久しぶりに津軽半島へドライブ。
時間不足でじっくり見物できなかったが、撮った写真の一部をアップ。
それぞれが、お気に入りの場所での写真だけれども、ちょっと写真も不足ぎみ。

津軽半島には、まだまだ見るところがたくさんある。
山や海や遺跡や近代化遺産や、半島の風俗などなど。
美味しい山菜も、たくさん採れる。
今日は「タラの芽」を少々頂いた。

スポンサーリンク