秋が深まって、感性の冬支度

イロハモミジ
秋が深まって、公園の紅葉の「赤」が見頃をむかえている。

紅葉の赤色は、色素「アントシアン(アントシアニン)」に由来すると言われている。

今、公園のイロハモミジはアントシアンのお祭りになっている。

春の桜のお花見を、「桜狩り」とは言わない。

秋のモミジ見物は、紅葉(モミジ)狩りと言われている。

紅葉狩りの「狩り」は「草花を眺めること」の意味だそうだが、平安時代の頃には紅葉した木の枝を手折り(狩り)、手のひらにのせて鑑賞する、という鑑賞方法があったらしい。

折って取ることが、「狩り」を連想させるのだろうか。

栗は栗拾いだが、キノコはきのこ狩りとも言うからなぁ。

りんご狩り、ぶどう狩り、梨狩りと、秋は冬支度のための狩りの季節なのだ。

冬になれば色彩の乏しい世界になるから、秋のうちに紅葉狩りをして、感性の冬支度をしなければならない。

秋が深まって赤がいっそう鮮やかになり、感性の冬支度にはもってこいだ。

イロハモミジ
イロハモミジ
公園の紅葉
ハウチワカエデ
ハウチワカエデ

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

スポンサードリンク