日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

海水浴
海辺にて。

 昨日の日曜日は、また海水浴だった。
Tシャツを着て泳いだので、先週のような、日焼けによる肩と背中のヒリヒリは全く無い。
直射日光の下では、それなりの対処方法が必要なのだ。
大きめのポール付きタープも持参したので、休憩時は日よけが出来て快適だった。
脚のほうは、先週と昨日の海の日焼けで褐色さが増してきた。


陽にやけて目立つ白斑

脚が褐色になると、目立つのが「老人性白斑」だ。
私の場合、50代の中頃からポツポツと白いものが目立ち始めた。
最初、これを脚部の太腿に発見した時は、あのマイケル・ジャクソンも罹患したという白ナマズ病(尋常性白斑)ではないかと心配した。

老人性白班01
足膝上部分に発生した「老人性白班」。直径6ミリぐらい。


老化現象

しかし、白斑の斑点は米粒大で小さく、斑点同士が融合したり、小さな白斑が拡大したりしないので、「尋常性白斑」では無いと自己診断した。
白斑のできる場所が下肢に止まっているのも、「老人性白斑」と判断した理由だ。
「尋常性白斑」は治りにくい皮膚病と言われていて、白斑が発生する場所が、人の目につきやすい顔や腕や手であることも少なくない。
年頃のお嬢さんの顔に「尋常性白斑」が出たら、気の毒なことである。

「老人性白斑」は、高齢者の四肢や体幹に出ることが多いらしい。
特徴は、直径が10ミリ以下の境界のやや不明瞭な円形や不整形の、脱色したような白い斑点であること。
特別な治療も無く、放置しておいても健康上は差し支えが無いということだ。
「老人性白斑」が、皮膚がんに移転しやすいということも無いらしい。
「老人性白斑」は20代の若者でも出ることがあるということだが、その例は極めて少ないと言われている。
高齢者に多いのだから、皮膚の老化現象のひとつだということか。


老人性は寂しい

いくら高齢になったからと言っても、山に登ったり、スキーをしたり、海で泳いだりできるのだから、「老人性ナントカ」という名前は寂しい感じだ。
「老人性白斑」は寂しくもあり腹立たしくもある、高齢者の目印になっているだ。
だが、老人は海で泳がない。
だから、海で泳ぐ人は老人では無い、ってか。

老人性白班02
太腿内側に発生した「老人性白班」。直径3ミリぐらい。

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

山菜 ミズ(ウワバミソウ)

デジカメが「レンズエラーを検出しました」というエラーメッセージとともに起動しない

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする