2015/08/13

五所川原市金木町芦野公園をミニ散策

青森県内でヒグマを見ることが出来る芦野公園内児童動物園。
五所川原市金木町の県立芦野公園をミニ散策。
園内には桜の木が多いがクロマツも目立つ。
木の数は、桜が1500本、クロマツが1800本とクロマツの方が多い。

園内の「芦野児童動物園」にはヒグマの柵がある。
地下5メートルぐらいに掘り下げられた円形のコンクリート製「穴」の底で、大きなヒグマが歩いている様は迫力もの。
本州に棲息するツキノワグマの2倍ぐらいの大きさ。
こんなのに山で出会ったら恐怖。

津軽鉄道「走れメロス号」。
この公園の中を津軽鉄道線が走っている。
津軽鉄道線は、津軽五所川原駅から津軽中里駅までを結ぶ単線。
人気の車両が、上の写真の「走れメロス号」である。

芦野公園は、日本桜名所100選に選ばれている。
花見の時期には、この「走れメロス号」が桜のトンネルを潜り抜けて走る。
多くのカメラマンの格好の被写体となっている。
公園内のクロマツ林。
上の写真のクロマツ林の奥には、「芦野湖」の愛称で親しまれている「藤枝ため池」がある。
「藤枝ため池」は2010年の3月に農林水産省の「ため池百選」に選定。
また、近くの「大沢内溜池」と共に芦野池沼群県立自然公園に指定されている
このように広い一帯を散策するには、かなりの時間が必要。
今日は「ミニ散策」と称して、クロマツの木陰で涼んだ程度。
桜並木。
クロマツ。
芦野公園入口と津軽鉄道のレール。

なぜかお地蔵様。

スポンサーリンク