ページ

2016/03/03

豪雪都市青森市の雪日記(14)・ロータリー除雪車の勇姿

除雪車が整列。

 青森市は3月に入って3日間雪の日が続いている。雛まつりの今日も、今朝がた、うっすらと雪が積もっていた。降る雪の量は、だんだん減ってきている。今日の天気は、雪後くもり、一時雨かみぞれ。愛犬の散歩で平和公園へ行ったら、専用の駐車場に除雪車が勢ぞろいしていた。ここは、この地区の除雪車置き場となっているのだが、今日は青森市所有のロータリー除雪車が止まっている。堂々としたロータリー除雪車。この勇姿をここで見ることができるなんて、なかなかめずらしいこと。

除雪ドーザ。

 ロータリー除雪車以外は、民間の建設会社のもの。そろそろ除雪車の出動機会も無くなりつつある。特にロータリー除雪車は、もう出番がないかもしれない。今日の青森市の最深積雪は63センチ。雪は、夜に少し積もっても昼には消えてしまうから、市内で積雪が増すことは、もう無い。ロータリー除雪車は、市街地ではおもに運搬排雪で活躍する除雪車。排雪の予定が無いと出番が無い。
 写真のロータリー除雪車は中型クラス。中型クラスでも1時間あたりの除雪量は、最大3000トンであるという。ロータリー除雪車は、4月1日開通の八甲田・十和田ゴールドラインの除雪の主役となって活躍することになる。 

除雪グレーダ。

青森市所有のロータリー除雪車。勇壮な前姿。

回転して雪を削っていく赤い装置は「オーガ」という名称。

除雪車をバックに愛犬。

スポンサーリンク