朝食にはネギ入り納豆で食欲アップ

この頃、朝食で納豆を頻繁に食べるようになりました。
もちろん、細かく刻んだネギ入りの納豆です。

これをご飯にかけて食べるとご飯が美味しいのです。

美味しく食べる、というのは体に良い事だと思います。

嫌々食べるとか、不味い食事をするとか、義務的に食べるとかよりも健康に良いと直感しています。

上記の食事では、食事がストレスになってしまいます。
しだいに食欲が無くなって、ついには朝飯抜きという不健康な生活に陥ってしまうでしょう。

朝から食欲旺盛という方も多くはないでしょう。
私も、朝はあんまりねぇ、という部類です。
朝は、あんまり食欲がすすまないのです。

でも、納豆があれば食べます。
刻みネギがあれば、最高の朝食です。

納豆には、いろいろな栄養分があるようですが、食欲を促進させる働きもあるのでは、と思うほどご飯が美味しいです。

これは、納豆の嫌いな方もいらっしゃるから、万人向きでは無いのでしょうが。

納豆と言えば、有名なナットウキナーゼが含まれています。

これは血栓を溶かす働きを持っていて、血液をさらさらにしてくれることが解明されています。
またネギにも、血栓を予防する効果のある成分が含まれているとか。

寒さのため血管が細くなって、血液の循環が鈍る冬の時期には、納豆は、かなり健康維持に貢献する食べ物ではないでしょうか。
また、ネギも体を温める食材と言われています。

でも、どんなに健康に良いものでも、不味ければ食べません。

ネギと納豆の組合せほどの美味のベストマッチは、世の中に存在しないでしょう。
納豆好きの方は、そう思っていると断定できます。

納豆は好きだけどネギは嫌いだという人も、いる可能性はある訳ですが・・・。

思えば、お米のご飯があるから納豆がある訳です。
ということは、ベストマッチは、ご飯と納豆とネギということになります。

この三つ巴の、朝食トリオのおかげで、風邪症候群から回復し、元気なこの頃です。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る