自動車のキー(鍵)を紛失しない方法(物を紛失しないための習慣)

クルマのキー
自動車の鍵。
世の中には、自動車の鍵を紛失するという失敗の経験者がずいぶん多いようだ。

当ブログの記事、「自動車の鍵を全て紛失した場合」へのアクセスが、日々増加傾向にある。


物を紛失する人は、どうして物を紛失し続けるのだろう。

確かに物忘れの激しい人もいる。

しょっちゅう落とし物をする人もいる。

忘れ物の多い人もいる。


物を紛失する人は、物を紛失しないための習慣が無い。

そのため、物を紛失してしまう習慣に陥っているのかも知れない。

(1)物の置き場所に留意しない習慣。

(2)移動するとき、自分の持ち物を確認しない習慣。

(3)持って出たはずだという「思い込み」を妄信してしまう習慣。

(4)自身を省みず、すぐに他人のせいにしてしまう習慣。

(5)記憶の整理や物事の整理や、身の回りの品々の整理を故意に無視する習慣。

その他、諸々・・・・。

私も、こういう習慣を多々身につけている方なのだが・・・・。


自動車の鍵の紛失は、このようなタイプに関わる場合と、関わらない場合があるような気がする。

スキー場などで「自動車の鍵の落とし物」の場内放送を聞いた経験のある人は多いことだろう。

こんな例は、上記のタイプに関わると思うのだが・・・・。


自動車の鍵は常時使用するものだから、その在処の確認は、運転免許証や財布並みに重要である。

運転免許証や財布の中のクレジットカードは、紛失が原因で悪用(不正使用)されたら、破産しかねないほど大切なもの。

であるから、多くの人々が、その扱いに対して厳重に用心している。

自動車の鍵に対しても、用心深い人はスペアキーを持ち歩いていることが多い。


自動車の鍵を紛失して窮地に陥る人は、まずスペアキーを持ち歩かない。

そして、家にもスペアキーが存在しない、というタイプ。

予備という代替物が無くても平気さ、という生活態度の実行者。

むしろ、代替物を持ち歩くのは反則さ、という潔癖主義者。


クルマから離れた時は、肌身離さず鍵を身につけているから心配ないという自信。

家には決まった鍵の置き場所があるので、それを守っていれば心配ないという自信。

そういう物を紛失しないための習慣が確立しているから、自動車の鍵を失うことは無いという自信。

自信過剰な妄信状態。

一度も物を失くしたことの無い者が、多くを失うという教訓。


自動車の鍵を紛失しない方法は、運転免許証や財布を紛失しない方法とは方法が異なる。

まず、上記(1)〜(5)その他諸々の習慣を警戒・用心する。

警戒・用心してもなお、物は失くなるものだという現実を静かに見つめよう。

人が二度とそれを見つけることができない「場所」は、意識の中でも現実でも存在する。

その「場所」を探して冒険の旅に出るのも面白いかも知れないが、多くの人にはそんな暇は無い。

金も暇も無い者は、努力を惜しまない。

用心に努める。

大量のスペアキーを準備する労力を惜しまない。

それが、永遠に物を失くし続ける人間の、最も確実な、自動車の鍵を紛失しない方法である。


過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

スポンサードリンク