胃内視鏡検査(胃カメラ)からピロリ菌検査へ

今日は、予定通り胃内視鏡検査(胃カメラ)を受けた。

午前10時に胃腸科医院へ。

体温測定。

血圧測定。

脈拍測定。

その後、診察室へ。

簡単な問診と検査の説明を担当の医師から受けて、検査室へ。

まず看護師さんから、胃の中をきれいにする薬とかで、コップ一杯の水溶液を手渡された。

この中には、ガスコンドロップ内用液2%5mlやプロナーゼMSなどが含まれていると思われる。

時間をかけて、ゆっくりと飲み干した。

味は、ほんのちょっとクセのあるものだったが、飲みにくいほどでは無い。

次に咽頭麻酔。

凍った白いドロップのようなものを口に含み、口の中で溶けたものを飲み込んでいく。

飲み終わったとき、ちょっと舌が麻痺感覚。

「胃内視鏡検査を受ける際の注意」 にあった「(5)緊張・苦痛を和らげ、胃の働きを鈍くするための注射を受ける。」はなかった。

内視鏡被検者として「熟練?」しているからだろうか。

大腸はともかく、胃内視鏡検査は初めてなのに。


左肩を下にして、検査用ベッドに真横に横になる。

ベッドが、水平のまま持ち上がる。

検査開始。

口先に水色のマウスピースを噛んで、その穴の中を胃カメラの管が通り、喉の奥へ。

その様子が目の前のモニターに映し出される。

管が喉を通るとき、予想していたほどの苦痛は無かった。

3〜4度ぐらい、医師から、管を飲み込むよう指示される。

これも楽勝。

検査中、終始、ひとりの女性看護師が背中をさすってくれたので、気分的に楽だった。

カメラは食道から胃の中へ。

狭いパイプから未知の胃の空間へ出た。

なんというフィジカルな景観。

ゴンドラで上がる八甲田スキー場ダイレクトコースの、細い通路から、いきなり大広間に滑り込んだ感じ。

「大丈夫です、ポリープも癌も潰瘍も見当たりませんね。年齢相応の異変があるだけです。大丈夫です。」という医師のお話。

でも、私はモニターで、胃の壁に血が滲んでいるような箇所を見つけていた。


検査時間は10分ぐらいだったか。

カメラの管が口元から離れると、さっぱりした気分になった。

ひと安心である。

そのまま検査用ベッドで20分ほど休憩してから、診察室へ。


医師に、年齢相応の異変って何ですか?と尋ねると、「慢性胃炎ですね。」という答え。

胃の内視鏡写真の、ピンクと白の斑になっているところがそうなのだという。

私は気になっていたので、血が滲んでいるような箇所があったがあれは何?と尋ねた。

「あれは、カメラを胃の壁にぶつけてしまったんですね、病気からくるものではなくて、人工的なものだから大丈夫です。」

・・・・・・・・・という医師のお話。

淡々とおっしゃっていたから、たいしたミスではないのだろう・・・・。

でも、胃の壁に、血が滲んでいたんだよね・・・・・。


慢性胃炎はピロリ菌による感染が原因の場合が多いから、ピロリ菌の検査もした方が良い、ということになった。

で、血液検査。

この血液検査で、将来胃ガンにかかる確率も解る、という医師のお話。

ピロリ菌検査のための検便も行うことになった。

この検便の正式名称は、「便中ヘリコバクター・ピロリ抗原検査」。

検査の結果は、便提出後1週間くらいだとか。


本日の費用。

胃内視鏡検査(胃カメラ)の料金は4,360円。

ピロリ菌検査の費用は血液検査と検便を合わせて、3,750円。


あと、超音波検査も受けたほうが良いということで、その予約をして帰ったしだい。


過去7日間の人気記事ベストスリー

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

スポンサードリンク