葉の落ちた裸木を華やかにする雪の花

公園の樹木
落葉した木の枝に雪の花がつく。


昨夜、少し雪が降った。
落葉した公園の樹木の、裸の枝に白い雪が付いて、花が咲いたようだ。
裸木(はだかぎ)とは、冬になって落葉を終えた樹木のこと。

まとっていた紅葉を衣服に例えたのだろう。
鮮やかに彩られた葉が、すっかり散って、裸になった木。

寒々とした印象だが、木としての存在感を強く感じる。
裸木と同じ意味合いで、枯れ木という言葉がある。

枯木とは、葉がすっかり枯れてしまった木のことだが、木自体が枯れているような印象がある。
生命感が感じられない。

生命感と言えば、生命感あふれる新緑の木もいい。
生き生きと輝く紅葉の木もいい。
だが、一糸まとわず、天に向かって枝を差し伸べた裸木も美しい。

その美しい裸木に新雪がまとわりつくと、白い花盛りになる。
こうして見ると、冬には落葉樹がよく似合う。
公園には、ツゲやアオキ、カイズカイブキなどの常緑樹もあるが、見た目が、季節による変化に乏しい。

裸木は、辺り一面雪の原になると、黒々としたシルエットを空に浮かび上がらせる。
凛として立っているその影は、生命の形なのだ。
裸木の生命感は独特である。

血管のように枝を張り巡らして、この空間を息づかせている。
天に枝を差し出して、空の呼応を待っている。
それに応じるように、天が裸木に白い花を咲かせる。

鈍色の雲の間から、うっすらと青空が顔を出し、陽が射し込めば、公園の樹木が、歓喜の静寂を震わせる。
そのかすかな空気の振動が、見る者に感動を与えるのかもしれない。

落葉した裸木を華やかにする雪の花。
「雪の生命力を感じようではないか。」
堂々としたケヤキの大木が、そう言っているような雪景色の中で、呆然としている犬と私。


公園の木立
公園の木立が生き返ったような。

雪を被った大きな木
大きな木の雪の花は見応えがある。

青空と雪の花
うっすらと青空が顔を見せる。雪の花は一層華やかになる。

スポンサードリンク