枯葉に霜がおりて、テクスチャ素材みたいになっている

枯葉のテクスチャ。
放射冷却のせいで、明け方の冷え込みが厳しかった。

朝、公園へ散歩に出かけると、地面の枯葉に霜がおりて、なんとなくテクスチャっぽい。

写真を撮る気がなければ、ただの汚い残骸だが、画像にしたら、テクスチャとして使えそうな気がしてきた。
もっとじっくり、いろいろな角度から撮れば良かったのだが、犬が引っ張るもんで・・・・。

さて、これを背景デザインとして使うことを考えてみたが、ちょっと一般的ではないね。

このグランジー(汚い)なイメージは演劇とかロック演奏会とかのポスターにどうでしょう。
冬商品の売り出しポスターの背景には、ちょっと渋すぎるか。

気持ち悪いと言う人もいるかも知れない。
その気持ち悪さが、案外メッセージ性に長けていたりする。

麻薬撲滅キャンペーンのポスターの背景に。
でも、自然界では、枯れたり発酵したりは、悪いイメージではない。

この画像を、なぜ汚いと思うのか。
それは、枯葉が腐っているように見えるから。
だが、自然界の植物は腐らない。
枯れたり発酵したりなのだ。

腐っている姿は確かに醜悪だ。
ちょっと汚らしいこの画像には、腐っているものは何も無い。

このテクスチャは、満たされて横たわっている姿さ。
どことなく幸福感がただよっているような。
充足感とか、達成感とか。
そんな気がしませんか?。

清潔ではないが、醜悪でもないテクスチャ。
あなたなら、どんな背景デザインとして使いますか?

こんなものでよかったら、ダウンロードはご自由に。

枯葉に霜がおりている。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る