暑い日は、エゴノキのシャワーで涼んでみてはいかがでしょう

公園に一本のエゴノキ。
青森市内の平和公園で、もうエゴノキが花を咲かせている。
今年は、いろいろな木々の開花時期が早まっていると言われているが、エゴノキも「ご多分に漏れず」だ。

このブログで、おととし(2013年)にエゴノキのことを記事にしている。
それによると、蕾を見たのが、6月12日。
6月12日では、まだ蕾だったのだ。
6月19日で、蕾半分、開花半分。

それが今年は、6月に入ったばっかりの3日で、もう全開状態。
今年は夏が早い。
木の花は、早い夏に乗り遅れまいと、早く咲く。

商人たちはそれを見て、販売時期を逃すまいと、夏物を店頭に並べる。
自身の体感温度よりも、目で花を見て、季節商品の売り出しを始める。

商売はカレンダーを基準にしてはいけない。
木の花の咲き具合で、見図らなければならない。
なんてことを、聞いたような、聞かなかったような。
若葉と花が層を成している。
夏の花が早く咲くということは、実際、夏の暑い日が続いているのだ。
街を通る人たちの、半袖姿に、なんの違和感もない。

エゴノキの花は、下向きのせいか、大きくは開かない。
やや、つぼみ状態で咲いている。
その咲き姿が、シャワーヘッドを思わせる。

頭上に無数のシャワーヘッド。
エゴノキは、ほとんど満開。
今日も暑い日だから、公園を通る人たちは、エゴノキのシャワーを浴びようと、花の真下を歩く。
微かに、甘い香りがする。
爽やかな芳香のシャワー。

木の花は、別に人間を涼ませるために咲いている訳ではないが、暑い日は、涼しげな花に連帯感を覚えてしまうのが人情。
そう、花は人情を誘う。
きれいに咲くことで、人情を刺激する。
そんなエゴノキの清楚な感じが、一層涼しげである。

ただ、エゴノキの花は花期が短い。
夏の本格的な暑さにおそわれる頃には、もう散ってしまって、花の姿はない。

エゴノキの葉は小さいが、わりと密に付いているので、良い日陰ができる。
盛夏には緑のシャワーが、樹下を通る人たちを癒してくれる。
横から見ると、エゴノキの花の吊り下がりがよくわかる。
花を下から覗く。
葉の色も涼しげな緑。
エゴノキの花びら。
エゴノキから暑気払いのシャワーが降り注ぐ。

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする