ヒメジョオンとハルジオンの見分け方(ヒメジョオン編)

ヒメジョオンの花びらは白いものが多い。花びらの幅はハルジオンに比べてやや広め。
ハルジオンの写真を撮った場所で、ヒメジョオンも花を咲かせていた。
こちらは、まだ咲き始め。

ヒメジョオンは、ハルジオン同様北アメリカ原産。
環境省のサイト、外来種について>要注意外来生物リスト>植物 一覧>詳細のページによると、1865年頃、観賞用として日本に導入されたという。
明治初年には雑草化し、日本全国に分布。

「要注意外来生物」としての評価は、「繁殖力が強く、亜高山帯等の自然性の高い環境にも侵入し、在来植物と競合のおそれがあるため、駆除が実施されている。除草剤耐性型がある等、農耕地でも難防除の雑草となっている。」(上記環境省サイトより引用)

日本に入ってきた時期が早いせいか、ハルジオンよりも「要注意度」が高いようである。

ヒメジョオンの根元。根出葉が無く、スッキリしている。
ハルジオンとヒメジョオンは仲が良いのか同じ場所で生育していることが多い。
そのため、春から秋まで同じ花が咲き続いているような印象を持つ。

両者は、夏にバトンタッチするようだ。
いつの間にか、背の低いハルジオンが姿を消して、背の高いヒメジョオンの群生が出現する。

その後、両者の見分け方については触れていない。

ヒメジョオンの葉の付き方。茎を抱いていない。
そこで、ヒメジョオンの特徴(ハルジオンとの違い)を以下に箇条書きにしてみた。
この記事ページ掲載の写真を参考にお読み下されば、わかりやすいかと思います。
  1. 花びら(花弁)はハルジオンに比べてやや広め。そのため、花びらの数はハルジオンより少ない。
  2. 花びらの色はほとんどの個体が白。ハルジオンには、花びらの先がピンク色のものもある。
  3. 葉は茎を抱かない。ハルジオンの葉は、茎を抱くように付いている。
  4. 根元の根生葉は若い頃だけ。茎が長くなると、根元の根出葉は消えて、茎から出る細長い葉だけになる。ハルジオンは、成長しても根出葉が残る。
  5. 茎にハルジオンのような空洞は無く、白いスポンジ状のものが詰まっている。
  6. 蕾は直立している場合が多い。ハルジオンの蕾はうなだれているものが多い。
  7. 花期は、初夏から秋頃まで。ハルジオンは、春から初夏まで。
ヒメジョオンの蕾部分。直立している。

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする