枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

ドウダンツツジの復活
(ドウダンツツジの復活。)

一か月ちょっと前に枯れかけていたドウダンツツジの生垣が、復活している。
あんなに赤茶色に枯れていた生垣が、緑を取り戻しつつあるのだ。
もう枝が枯れ死んでいると思っていたのだが、そうではなかった。

ネットの園芸相談サイトなどでは、ドウダンツツジの葉が枯れると、枝枯れも進んでいるなどとある。
また、地上部に変化が出るともう手遅れで、根が死にかけているとか。


ドウダンツツジ
(枯れかけた枝から新芽が出て葉が開いている。)


もしそうだとすれば、ここの生垣は驚異の復活を遂げていることになる。
枯れた葉がついている枝の先に、次々と新しい葉が登場。
これらの新しい葉が枯れた葉を覆い隠している。
秋の紅葉に間に合うように、懸命に葉を広げているように見える。

水不足で、枝も幹も枯れ死んで、もうここの生垣はダメかなと思っていたのだった。
それが、驚異の復活。
素晴らしい蘇生力。

というか、これがドウダンツツジの生き方であるらしい。
暑さと乾燥から自身を守るために、葉を茶色に枯らして水分の蒸発を最低限にする。
そうやって、条件の悪い時期をやり過ごしているのだという。
基本的に丈夫で賢い植物。

ドウダンツツジの「死んだふり」に一杯食わされました。


ドウダンツツジ
(枯れた葉を覆い隠す勢いの新しい葉。)


ドウダンツツジ
(新しい葉の鮮やかな緑。)


ドウダンツツジ
(生垣が緑を取り戻している。)


ドウダンツツジ
(枯れた葉と新しい葉。)


ドウダンツツジ
(空に向かって伸びている新しい葉。)

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

まったく宗教的ではない魔除け(厄除)の方法

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする

スポンサードリンク