2012/11/17

長持ちしている紅葉

長持ちしているサンシュユの紅葉。
平和公園の中では、早くから色づいていたサンシュユの紅葉。
それが、まだ鮮やかに長持ちしている。
10月20日頃に赤く色づき始めたサンシュユ。
上の写真のように、枯れもせず、散りもせずにまだ続いているのだ。

そろそろ葉が散り始めている公園の、紅葉した木々のなかで、サンシュユは葉を落とさずに一定のボリュームを保っている。
赤に深みが増して、ますます渋くなった紅葉が、周囲と際だって見える。

葉の色が、だんだんと血の色のようになってきた。

この木の果実が、漢方で強精の効果があるということだが、なんとなくそんなイメージがある。
これは強そうな赤で、まったく長持ちしている赤なのだ。

そういえば、以前見かけた赤い実が見あたらない。
地面に落ちていた赤い実も消えている。

この公園を縄張りにしているカラスのせいなのか。
それとも、漢方の効能を信じて、この実を採取している人物がいるのか。

サンシュユの実が見当たらない。
紅葉の赤が深みを増している。
サンシュユの隣のシダレカツラの葉は、全て落ちてしまっている。
池に垂れた裸の枝が侘しい感じだが、サンシュユはまだ赤く燃えている。

垂れてしまったシダレカツラと羽ばたくように燃え立っているサンシュユ。
この対比を何と見るか・・・・。

シダレカツラとサンシュユ。

スポンサーリンク