2013/12/04

冬枯れ池の蒲(ガマ)の穂とフランクフルトソーセージ

蒲の穂の綿毛
白い綿毛を出している蒲(ガマ)の穂のアップ。
平和公園の池の中に生えている蒲(ガマ)の穂が、すっかり枯れて、白い綿毛を出していた。

ガマの穂はちょっとフランクフルトソーセージに似ている。

糸状の白いカビの生えたフランクフルトソーセージ。

ガマは、北半球の温暖な地域に自生しているとあるが、ドイツのフランクフルトではどうだろうか。

ドイツのフランクフルトは、北緯50度にある。

日本最北端の街、稚内市は北緯45度にあるから、フランクフルトは、温暖とは言えないかも知れない。

フランクフルトにガマは「生息」しているのかいないのか。


それはさておき、ガマは水中の泥の中に地下茎を延ばす。

ところが、平和公園のガマは、水中に沈めた鉢のようなものから成育している。

鉢の壁に阻まれて、地下茎が延びないようになっているようだ。

上の写真にある、ガマの綿毛のような冠毛に、ガマの小さな果実があるという。

その果実が、風で飛ぶ。

果実が水面に落ちると、種子が果実から放出されて水底に沈み、そこで発芽するらしい。

きっと、この池の底の方々で、ガマが発芽しているのだろうが、春の池の「底浚え」で撤去されてしまうのだろう。

公園は 、高度に管理された自然なのだから、公園の池も同様である。

冬枯れの池の底には落葉が堆積し、池の周囲のツツジは雪囲いされている。

ガマは、川岸や池沼の浅い箇所に自生する野草であるから、その種子が陸地のツツジの脇に落下しても発芽できない。

川岸や池沼に自生しているガマは、繁殖のために枯れて種子を飛ばし、冬を迎える。

平和公園の、池の蒲(ガマ)の穂は 、カビの生えたフランクフルトソーセージとして冬を迎える。

池の蒲
池の中の冬枯れの蒲。¥

スポンサーリンク