2015/06/03

ミヤコグサに似た黄色い花、背の高い野草(センダイハギ)

センダイハギの黄色い花。
事務所の横に畑があって、その空き地にセンダイハギの花が咲いている。
ハギと聞くと、秋の花かと思うが、こちらは、春から夏にかけて咲くハギ。
ハギという名前のつく他の野草と同様マメ科の植物である。

蝶形の花が、同じマメ科のミヤコグサに似ている。
だが、ミヤコグサは、地を這うように生える背の低い草。
センダイハギは背が高い。
この写真のセンダイハギは背丈が80センチぐらいある。
マメ科の植物特有の花の形。
これが畑の隅に群生しているので、センダイハギの藪状態。
鮮やかな黄色と明るい緑の取り合わせが美しい。
ホント、絶妙のバランスだね。

センダイハギは寒冷地域の海岸などに群生するという。
そういえば、青森県の西海岸の砂浜で黄色い花を見たような記憶がある。
黄色い花は記憶に残りやすい。
まして、こんなに鮮やかな黄色なら尚の事。
3出複葉。
外来種かなと思ったら、在来種であるという。
ミヤコグサも在来種。
外来種の多いキク科と違って、マメ科の植物は在来種が多いのかなと思ったが、それは違う。
セイヨウミヤコグサはヨーロッパ原産。
同じマメ科の植物で、頻繁に見かけるシロツメクサ(クローバー)だってヨーロッパ原産の帰化植物。

ちなみに、ウィキペディアによると「帰化植物の3大科」というものが存在するらしい。
もっとも目立つのがキク科とイネ科で、これにマメ科が加わるのだという。
ううむ、マメ科よ、おまえもか。

センダイハギは背が高いから外来種のような印象だが、日本原産。
外来種が多いマメ科のなかで、絶妙のカラーバランスで、在来種として目立とうとしているのか。
畑の隅で静かに勢力を広げている。
ミヤコグサの花に似ている。

スポンサーリンク