◆私の大腸ポリープ体験記事

大腸ポリープ体験記事
最近、日本において「大腸がん」の患者が増えていると言われています。
その原因は、食の欧米化(肉類中心の食事)にあると考えられています。
そのせいか、胃の内視鏡検査とともに、大腸の内視鏡検査を受ける方が多くなりつつあるようです。
それに伴って、大腸ポリープの発見率も高まっています。
はたして、大腸ポリープは、「大腸がん」を発生させるのかどうか。
このブログでもっともアクセスの多い記事は、大腸ポリープ関係のものです。
それだけ、大腸ポリープに対する関心が高まっているのでしょう。

そこで、このページに私の大腸ポリープ体験記事をまとめてみました。
下から順に、上になるに従って新しい記事になるように配置してあります。
ご興味のある方は、どうぞリンクページへお進み下さい。

(28)摘出した大腸ポリープは異型度3のグループだった
それで、「グループ3」候補の大腸ポリープは、必ず切除することとなっているようだ。そして、切除してしまえば何の心配もないということらしい。

(27)大腸の中は、身体の外側?
大腸は体内にあって「外」に開かれた臓器であるという「利点」を生かして、早期発見、早期治療ができれば幸いである。

(26)内視鏡による大腸ポリープ切除手術後の大腸穿孔に注意
私も高齢になりつつあるので、大腸ポリープ切除手術後の便秘に気を付け、一定期間養生し、大腸穿孔を発症させないように注意しなければならない。

(25)横行結腸の平坦型ポリープと直腸の隆起型ポリープを大腸内視鏡で切除
それをモニターで見たときは、「やっぱり、この医院を選んで良かった」と思った次第。

(24)大腸ポリープ検査のための準備(前処置)は、医院によってさまざま
検査前の注射無しが気に入った医院だった。

(23)全大腸内視鏡検査の説明書(兼同意書)
前回の大腸内視鏡検査から1年ちょっとが過ぎ、そろそろ検査をしなければならない頃になった。

(22)拡大内視鏡による大腸検査と検査後の腹痛
去年までの胃腸科医院は、検査に半日を要したが、今回は朝8時30分から午後5時までの一日仕事になった。

(21)大腸内視鏡検査前日の検査食
今日は、与えられた検査食以外は、水分しか摂れない。

(20)大腸検査のための検便容器
ネットで調べたら、便潜血検査による大腸がんの(発見)的中率は3%だという。

(19)大腸内視鏡検査の予約
不安に思っていたから、今回は、医院を替えることにしたのだ。

(18)大腸ポリープとニンニク
古い話だが、平成17年4月14日の毎日新聞の記事に「にんにくが大腸ポリープの成長を抑制」というのがあったそうだ。

(17)大腸ポリープのガンとガン保険
彼はガンを患ったということで、入っていた外資系のガン保険の会社に連絡したら、このケースではガン保険は下りませんと言われた。

(16)ビールと大腸がん
ビール好きにとって気になるのは、ビールと大腸がんの関係。

(15)大腸ポリープ予防(?)のための食事など
大腸ポリープは、その発生を予防出来るのかどうかは、現在のところは不明。

(14)大腸内視鏡検査の準備について
検査前日は、この食事制限を忠実に守って過ごしたので、検査当日の「ニフレック」2リットルの服用後は、淡黄色のほとんど水溶液に近い便になっていたのだった。

(13)大腸ポリープ検査を終えて
検査後の注意は、次のようにまとめられている。

(12)内視鏡による大腸ポリープの定期検査
今日は大腸ポリープの、一年おきの定期検査の実施日。

(11)大腸内視鏡検査の前日の食事
大腸の内視鏡検査を受けてから、1年が経った。

(10)平坦型大腸ポリープ
知り合いの64歳の女性が、内視鏡による大腸ポリープ切除手術を受けた。

(09)大腸ポリープの切除手術をしてから一年経過
去年の1月15日に、大腸のS字状結腸に出来たポリープを内視鏡で切除して一年が経った。

(08)大腸ポリープ検査後の便秘が改善
7月20日の大腸内視鏡再検査の後、ずっと続いていた便秘傾向がようやく改善した。

(07)大腸ポリープ検査後の便秘
今年の1月に大腸内視鏡で切除したポリープ付近の、半年後の再検査を、先日受けたが、それ以後、硬い便が続いている。

(06)大腸ポリープの病理組織検査の結果
1月26日に、15日切除の大腸ポリープの細胞組織検査の結果の説明を受けに病院に行ってきた。

(05)大腸ポリープを切除した後の注意点
しばらくはアルコールは厳禁、ある程度の日数の安静が重要。 

(04)大腸癌について
私の大腸ポリープ騒動は1月26日の細胞検査(病理検査)の結果待ちということになった。

(03)大腸ポリープ切除手術
昨日の1月15日に、大腸ポリープを内視鏡で切除する手術を日帰りで受けた。

(02)大腸内視鏡検査
私が大腸内視鏡検査を受けたのは、今から23年前の36歳の時。

(01)大腸ポリープ
1月8日の大腸内視鏡検査で、直系2センチのポリープがS字状結腸付近に見つかった。

スポンサーリンク