働き者なのに要領が悪い鵜の嘆き

「ああ、穫れない!」

「朝から潜りっぱなしなのに、一匹も穫れない。」

「う、う、うっ、鴨の野郎は、ちょくちょく獲物があるようだ。」

「やつらは、要領がいいんだ。」

「こんなに動き回っているのに、何にも穫れない。」

「潜って、浮かび上がる度に、鴨の野郎のニヤついた顔が見える。」

「さぞやこのオレを馬鹿にしていることだろう。」

「潜る事も、泳ぐことも、オレの方が1枚も2枚も上手なのに。」

「う、う、うっ、さっぱり、穫れない!」

「焦れば、焦る程無駄な動きをしているような気がする。」

「それは頭で解っているのだが、頭では見当がつかない。」

「ついつい、この優れた瞬発力と潜水能力と水泳能力に頼ってしまう。」

「でも、のろまな鴨の方が稼ぎが良いのだ。」

「これは、どういう事だ。」

「あいつの方が頭がいいのか。」

「う、うっ、オレは馬鹿なのか!」

「焦りは強くなるばかりだ。」

「ばかりだって、やっぱり馬鹿なのか、オレは。」

「う、まてまて、あわてて物が見えなくなってやしないか。」

「う、こういうときは、あっさり休憩だ。」

「う、う、う、うっ、それみろ、潜水の繰り返しでこんなに息が乱れているじゃないか。」

「これでは、酸欠で、脳まで血が回ってないかもしれん。」

「陸に上がって、羽根を乾かしながら、少し休もう。」

「ああ、それにしても、子ども達は腹をすかしているだろうなあ。」

「う、う、う、うっ、休んでなんかいられない。」

「う、働け!働け!」

「う、稼ぎがあがるまで、動き回れ」

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク