食事、健康 梅干し

 梅干しは、クエン酸やミネラルをたくさん含み、食欲を促す優れた食品ですが、塩分の多い食品でもあります。
 一般的な梅干しの24%は塩分であるとも言われています。
 減塩梅干しでも、その一割近くが塩分だそうです。

 体に良いとなると、ついつい食べ過ぎてしまいます。
 梅干しと一緒にご飯を食べると、ご飯が美味しいので、梅干し2個目に手を出したり。

 高血圧予防のため、梅干しを食べるのは一日一個が良いそうです。

 以前、飲み屋さんで、焼酎の中に梅干しを入れて飲む方がいました。
 年配の方で、こうやって飲むと悪酔いしないのだと、ご機嫌でした。
 コップをお替わりする度に、梅干しを入れて、結果として3個ぐらい食べていました。
 梅干しの酸味が、焼酎を程よく美味しくして、飲みも進みます。
 
 焼酎のアルコール分は酸性で、梅干しはアルカリ性食品ですから、胃の中で中和されて、体が酸性に傾かず、健康体の維持につながると私に教えてくれました。
 そうです、梅干しは酸っぱいけれどアルカリ性なのです。
 でも、塩分控えめの梅干しであっても、塩分の多い食品です。

 健康体でいたいのなら、食事に気をつけて、お酒類は控えるべきでしょう。

 アルコールに酔うと、飲みに勢いがつきますから、これで良いのだと、焼酎も梅干しも進みます。
 酔いながらの健康管理は、えてして不健康に傾くものかもしれません。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク