私の二日酔の対処法

昨夜は久しぶりに街で飲みました。
外で飲むのは一ヶ月半ぶりだったので、少々飲み過ぎです。
案の定、今朝はボーッとして、二日酔ぎみ。
なかなか仕事がはかどらない。

そこで私の、極めて個人的な二日酔対処の方法について書きます。
対処の方法と書くと、たいそうなものに感じられますが、いたって簡単なことです。
しかし、簡単だからと言っても実行が容易であるとは言い切れません。

まず、飲み過ぎたことを後悔しないことです。
飲み過ごした自分を責めないこと。
これがいちばん大事な方法かも知れません。
調子に乗って飲み過ぎて、体は大量のアルコールでダメージを受けています。
後悔や自分を責め立てることは、そのダメージを受けた肉体にさらに追い打ちをかけることになります。
自責のストレスが自身の肉体を責め、体や精神の免疫力を低下させることでしょう。
お酒は、飲む時楽しく、飲んだ後も楽しくです。
飲んで楽しんだのだから、少々飲み過ぎたりハメを外したことは良しとしよう、と自分に働き掛ける。
疲れた体を自身で癒すことが、二日酔の最大の対処方法だと思います。

次に、肝臓も疲れていることでしょうから消化の良いものを食べ、条件が許せば休養して体を休めることですね。
飲み過ぎに特効薬は無いと思っています。
もしあれば、世の中に二日酔者が溢れ、廃人が溢れることになるかも知れません。
やはり、自身をいたわり休養することが一番だと思います。
それが出来ないなら、お酒を飲まないことです。
二日酔のもっとも優れた対処法は、お酒を飲まないこと。
これが一番難しいですね。
簡単な道を歩むか、難しい道を歩むかは人それぞれです。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る