雨続きなので山のキノコはどうなっているでしょう

今度の連休は山へキノコ採りに行けそうなのですが、今週は雨続きでまたもやナラタケには良く無い状況が続いています。
雨に弱いナラタケに大量の雨です。
また黒く腐ったナラタケの群生を見るのではないかと心配しています。
そろそろナラタケのシーズンも終盤なので、収穫は期待出来ないかもしれません。
美味しいオニナラタケも今年は食べられないかもしれません。

ナメコのシーズンは中盤ぐらいです。
ナラタケに比べるとナメコは丈夫な食菌なので、ナメコの収穫にかける期待の方が大きいのです。
ナメコは雪が降り始める頃でも出て来ますから、かなり寒さに強いキノコなのです。
東北地方では雪が降る頃に出るナメコを「ユキノシタ」と呼んで採取しているキノコ採りもいます。
寒いなかで出て来たキノコは、なんとなく旨味が濃いように感じるのは気のせいでしょうか。
ナラタケにしても、春のものより秋のものの方が味が濃くて美味しいのです。
寒さがキノコの旨味成分を増加させるのはほぼ確実。
寒さは良いのですが、雨はいけません。
せっかくの旨味成分も雨で破壊されてしまっては、晩秋の楽しみが無くなります。
今期最後のナラタケの無事を祈るばかりです。
ナメコは雨にも強いので、ちょっと安心しているのですが。
キノコの時期は、心配ばかりして落ち着かないキノコ採りが妙にソワソワしています。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る