年齢とともに近づいてくるもの

もう11月だ。
そう思っているのは私だけでは無い。

あちこちで、早いねぇ、という溜め息を聞くこの頃です。
月日が経つとともに、確実に冬が近づいてくる。
頭の中は冬のイメージで一杯だ。

だが、今日もこの時期にしては温かい日だった。

温かい秋だな、と思っていると、突然冬になる。
突然冷え込んで夜に雪が降り、朝外を見ると、一面真っ白。

冬は突然やって来る。
雪が、秋と冬の境目になるのです。
雪が降らないうちは秋。
雪が降ると冬。

北国の冬は明解な仕切線が、雪によって引かれる。
突然の雪。
それは、予想された事なのだが、突然のように現れると冷水を浴びたような気になる。

年齢とともに近づいて来るもの。
それは確実なこと。
いままで、確実に生きてきたからこそ、それを迎えなければならないのだ。

冬が近づくと、身が引き締まる。
近づいてくる予感を凝視して生きなければならない。

それが冬に対する心の備え。
それが人生に対する心の備え。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る