寒くなると口角炎が出る

2〜3日前から、唇の左端が口角炎になりました。
ここ数年、季節の変わり目のこの時期に、唇の左側が口角炎になっているように思います。

口を大きく開けると、口角炎になっている部所がちょっと傷みます。
鏡で見ると、その箇所が赤くはなっていませんが、少しただれている感じです。
切れて血が出るほどには進んでいません。

雪が降る季節になって、寒さが一段と強くなったので、石油ストーブを頻繁に使い始めた時期と口角炎が出始めた時期は一致しているようです。
補助的に電気ストーブも使っていて、2〜3日前から温度調節目盛りを「強」の方へ近づけています。

室内が乾燥し過ぎているのも原因のひとつかも知れません。
乾燥肌の傾向がありますから、空気の乾燥している冬場はその影響で口角炎になりやすいのでは、と思っています。
缶コーヒーとか甘いモノをよく口に入れているので、そのせいでビタミンBが不足がちになっているのかも知れません。

特にビタミンB2が不足すると口角炎になりやすいようです。
普段はサプリメントとは摂らないのですが、今回は試してみようと思います。

「風邪」をひいたりして運動不足ぎみですから、そのせいで身体の免疫力が落ちていることもあると思います。
気分がスッキリするような運動を心がけることにします。

今までは、口角炎は知らないうちにかかって、知らないうちに治っていた症状でしたが、これからは対処が必要です。
まだ病院に行くほどでは無いと思っていますが、若い頃と違って高齢になると悪化する危険性も考えられます。

●ビタミンB2を積極的に摂取すること。
●室内を乾燥させないように石油ストーブに薬缶をかけること。
●気分転換・体力維持のための適度な運動を行うこと。
●うがいなどを頻繁に行い、口の中を清潔にすること。

この対処方法でしばらく様子見です。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る