雪を楽しむことが生きる助けになる

夕べからの積雪は少々でしたが、今日は朝から激しい吹雪。
この調子だと山のスキー場は週末オープンが期待できそうです。
私は、この冬も、スキーを思い切り楽しもうと心待ちにしています。

高齢が近づいてくると、生きることに助走が必要になってきます。
高齢でなくても、若い頃でも助走は必要でしたが。
スキーはかなり激しいスポーツですが、生きる事はもっと激しい営みの連続です。

山を歩いたりスキーを楽しんだりする事が、生きる事への助走となっていると思います。
助走で勢いをつけて生きる。
人生は、その繰り返しです。

歳をとると、どうしても動きが萎縮しがちになります。
それでは、せっかくの人生、面白くありません。
人生は面白く生きることに意味があると思っているのです。
歳をとっても動きを萎縮させないために、若い頃以上の助走が必要だと思います。

スキーを楽しむ事が、人生に馬力をつけるのです。
歳をとってもエネルギッシュに生きたいものです。

エネルギッシュな年配者には色気があります。
色気は人生を面白くする大事な要素です。
生命に直結した、生きる力の原動力です。

雪国では、雪を嫌う人も大勢います。
ある意味で雪は、快適な暮らしの妨げになるからです。

しかし雪国に雪の降らない年は無いと言えるでしょう。
雪国に暮らしていて、雪からは逃れられないのです。

それなら雪の有益なところを見つけ出して、その部分で最大限楽しむ事です。
雪は生活を害するだけのものではありません。
生活に益することも多いのです。

ウインタースポーツあり、ウインターレジャーあり、ウインターファッションあり、と冬に向いた文化が雪の季節に花開きます。
それもまた経済を活性化させていると思います。

雪は野山を白く多い、時折美しい景観を見せてくれます。
雪は、紅葉とともに観光資源としても貴重です。
雪は山に水分を貯蔵し、それが春の季節の有益な水資源となって大地を潤します。
また、寒い冬の季節は様々な食文化を発展させました。
雪は、そのなかに飛び込めば憩いと活力を与えてくれます。

雪を楽しむことは、雪の有益なところを発見することです。
それは、雪のある季節を積極的に生きるための助走になります。
雪を楽しむことは、大きくジャンプ(発展)するための力になるのだと思います。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る