今年の風邪(風邪症候群)は長引く

風邪を軽視する生活習慣が「風邪」を長引かせている。

「風邪」をひいてから17日目になります。
咳はまだ残っていますが、咳き込む回数は減りました。
激しいのは、一日に2〜3回程度です。
咳払いのようなものは、ちょくちょく出ます。
痰も、以前ほど出なくなりました。
痰を吐くのは、一日に2〜3回です。
「風邪」のひき始めは緑色の大きな塊の痰でしたが、この頃は透明の小さなものが喉にからみます。

仕事が混んで来始めたと同時に、身体の倦怠感は退散したようです。
体調は良好で、少しずつ腕立て伏せとか懸垂とかを楽しんでいます。
このような具合で、私の場合は全快と言える状況ではないかと思います。

私より早く「風邪」をひいた家の者は、まだひどい咳が残っています。
彼女はヘビースモーカーなので、咳がなかなかひかないのでしょう。

「それって、肺がんの咳じゃないの」
私は時々、半ば冗談で半ば本気で彼女に対してそう言います。
肺がん覚悟で煙草を吸い続けてきたので、それも仕方の無い事。
その人の健康は、その人個人の問題です。
60歳を過ぎた大人の女性の、自身の判断で行っていることですから、側でとやかく言う気にはなれません。

私の周囲の知人でも、「風邪」の症状が長引いている人がいます。
彼は30代後半の男性ですが、咳が一ヶ月も続いているのです。
勤め人では無いので、上司とか同僚とかに気を使う必要が無いと言えば、それはそうですが、孤島に独りで暮らしている訳ではないので、一ヶ月も咳が続いたら病院で再診を受けるべきです。

寝込むほどの病状ではなく、普通に仕事ができる状態なので咳をほったらかしにしているようなのです。
「今年の風邪は長引く」ということが周囲で話題になっているので、本人も軽く見ているのでしょう。
風邪を軽視する生活習慣が「風邪」を長引かせているのだと思います。

今年の「風邪」は、実は肺結核である事が多いと言う噂でも流れたら、風邪を長引かせる人の数が減るのではないでしょうか。

◆私の風邪体験記事を集めたページです。皆さまのご参考になれば幸いです。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク