常連となっているスナックの飲み代

知り合いの店
昨日の記事と関連して、私のこの間のスナックの飲み代についてのメモ。
久しぶりに、知り合いの店に行ったので、たくさん飲んでしまった。
10時30分頃まで、飲んで歌った。
これでも早めに切り上げたせいか、二日酔いにはなっていない。

飲みの内容
アルコール分をたくさん飲んだ時は、早く寝て、体を休めるのがお酒を楽しむ鉄則。
まずこのあいだの飲み実績(?)から。

滞在時刻は、夜8時から10時30分まで。
生ビールをジョッキで9杯。
カラオケ15曲。
おつまみウインナー一皿。

私が注文したのは、これだけ。
もちろん、私独りの注文。
生ビール9杯とは、飲み過ぎだね。
体調が良かったので、どんどんお替わりして、気が付いたら9杯になっていた。
何回トイレに行ったやら。

料金
最初の一杯はセット料金に含まれる。
セット料金は、生ビールプラスお通しが二皿で1,500円。
残り生ビール8杯は、500円×8杯で4,000円。
カラオケは一曲100円×15曲で、1,500円。
おつまみウインナーが500円。

これらを足し算して合計が7,500円。

繁華街から離れた場所にある店だから、安い方。
たくさん飲んでくれたということで、500円は負けてくれて、請求額は7,000円丁度。
9杯も飲んで15曲も歌ったとは、ちょっとした心の解放日。
大腸ポリープがあるので、ビールは控えめにしましょう。

カラオケ
カラオケで歌った曲目。

「山谷ブルース」
「朝日のあたる家」×2回
「春夏秋冬」
「わかってください」
「チューリップのアップリケ」
「赤いハンカチ」
「星の流れに」
「夢一夜」
「遠くで汽笛を聞きながら」
「たどり着いたら、いつも雨降り」

飲んだ時の記憶
後は何を歌ったのか記憶に無い。
これ以外に、私が歌いそうな曲は無さそうなのだが・・・・・。
実際のところ、記憶がアルコールに溶解されて、飲んだ本数や歌った曲数はうろ覚えだ。
店のママさんにそう言われて、そんなにたくさん飲んで歌ったのか、と思った次第。

常連となっているスナック。
細かい数字は覚えてなくても、勘定はこれくらいだろうと酔った頭で大まかに計算すれば、だいたいそれに近い数字を請求される。
それで納得して、たまに飲み(歌い)に行くのだ。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る