日本人は、なぜラーメンが好きなのか?

日本列島は酷寒に包まれているようです。

こういう寒い日は、温かいラーメンが体を温めてくれます。

寒い日の温かい思いは、幸福感に繋がります。

ラーメンは気軽に食べる事が出来る食べ物です。

ラーメン店は気楽な雰囲気を持っているお店です。

ちょっと小腹が空いた時に、手軽な料金で気楽に食べられて幸福感を得る事ができる。

ラーメンの人気の秘密は、その「軽さ・楽さ・幸せ」ではないでしょうか。

日本人は簡単なものの言い方を好みます。

縮めて、調子の良い発音(語呂)を好むのです。

木村拓哉さんを「キムタク」とか。
カーレースのフォーミュラワンを「エフワン(F1)」とか。
スマートフォン(スマートホン)を「スマホ」とか。

ものの言い方の軽さや、言い易いという「楽」のなかに幸福感を見いだしているのだと思います。

丼のスープの中に、炭水化物があり、肉があり野菜(ネギ)がある軽妙なバランス感覚。

それらを同時に口の中へ入れる事ができる軽快さ。

食べるのに時間を要しない気軽さ。

小腹が空いた時の軽食ではあるが、食事一食分としても用が足りる便利さ。

もちろんラーメンは、麺類好き汁物好きの日本人の味覚・食感を満たしている「料理」でもあります。

縮めて言うものの言い方と同様、ラーメンもまた、気軽で食べ易いという「楽」のなかに幸福感が漂う食べ物なのです。

しかも味のバリエーションは豊富です。

魚ダシを中心にしたアッサリ系や、動物肉ダシを中心にしたコッテリ系。

醤油スープや塩スープや味噌スープ。

薄味、濃い味、それに辛い味。

ラーメンは「様々な味の組合せ」という方法で、老若男女の厚くて幅広いファン層を作っています。

日本人はなぜラーメンが好きなのか。

それは、日本人は「軽楽」な幸福感が好きだからです。

ラーメンを食べて得られる、刹那の快楽的幸福感が好きだからです。

庶民的な感覚では、「楽=幸福」であるからかもしれません。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る