年老いて頼りになるものは何か?

老木の根元
年老いても、根元がしっかりしていれば・・・。
もちろん、お金です。

でも、お金はいつまでもあるとは限りません。

お金は失うものだからです。
経済の混乱や政変で、価値が下がる可能性もあります。

盗まれることもあります。
落とすこともあります。
年老いては、判断力が鈍り騙し取られることだってあるでしょう。

お金は頼りになりそうで、「頼りない」ものです。

では、年老いて頼りになるものは何か?

それは、その人の長い人生で培ってきた「生きる知恵」でしょうね。

生きる知恵は、その人が生き続ける限り存在します。
そればかりか、生きる知恵は、その人の経験や学習によってパワーアップします。

盗まれる事も、落とす事もありません。

騙し取られることだってありません。

年老いて、判断力が鈍っても、それを知恵が補ってくれると思います。

生きる知恵を獲得するために努力してきた人なら、そう簡単にボケません。

「生きる知恵」とは、そのように頼りになるものだからです。

「生きる知恵」とは、その人固有の生きる方法です。

「知恵」というイメージの具体的な内容は「方法」であると思うからです。

「方法」とは、ものの考え方や、問題を解決する上での手順のことだと思います。

「技」と言っても良いと思います。

そういう「方法」を身につけることが、生活の知恵だと思います。

年老いて頼りになるものは、年老いた自身です。

自身の中にある、その人固有の「生活の方法」です。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る