若返り(アンチエイジング)の方法

トレーニング
老化をスポーツでカバーする。
近頃、アンチエイジング商品の宣伝普及活動がとても活発です。

美容関連商品や健康関連商品でアンチエイジングという言葉をよく見かけます。
その他、食事とか漢方とか整形手術とか、アンチエイジングの世界(手法)は多岐にわたっています。

アンチエイジングとは、日本語で「抗老齢化」という意味で使われているようです。
アンチエイジングが盛んに唱えられるようになった背景には、日本の高齢化社会があるのは周知の事です。

しかも各高齢者の事情、年金が安く老後の社会保障も不確かだと言う個人事情(私も)も加わっています。

最近では、アンチエイジングの治療法なども宣伝されています。

活性酸素を無害なものに変えるという抗酸化。
体に溜まっている有害物質・毒素を体の外へ排出するというデトックス。
老齢化に伴う様々な症状を和らげるためのホルモン補充。

このような治療法があるようです。
その効果については、私にはわかりません。

こういう治療方法が出現する以前から、昔から、高齢でも尚若々しい人達が周囲に居た事も周知の事実です。

目的のある生き方をされている方は、いつまでも若々しいと言えるのではないでしょうか。

近頃では、アンチエイジングを生きる目的と重ねている高齢者もいらっしゃるようです。
治療にいそしんで、アンチエイジングを生きがいにしている方は、老後の生活にもゆとりのある方なのでしょう。

私達高年齢の普通生活者はアンチエイジングが生きるために必要な条件です。
老齢化していくことは、生きる手段を失うことでもあるからです。
その逆に、生きる手段を得ることもあるかもしれません。

人間の欲望にはキリがありません。
歳をとったから、これで良いということはありません。

もっともっと貪欲に生きてやろう。
お金も欲しいし、あれも欲しいこれも欲しい。
歳だからと言ってくたびれてなんかいられない。

なんでも、まだまだやれるんだぁ〜。

これが私のアンチエイジングの方法です。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る