実家の大量の不用品の処分

実家の売却に伴って、処分すべき家財・生活道具・不用品が大量に発生した。

小さな家だが、家一軒分、老夫婦二人分の生活用具や装飾品を処分しなければならない。

処分と言っても、全て捨て去る訳にはいかない。

両親が、お金を出して買い集めた物だから、それを捨てることは両親のお金をゴミとして捨てるようなもの。

両親が苦労して得た収入を無駄にしたくは無い。

そこで田舎町の実家の荷物を、一旦、現在の私の住まいへ、全て運び込んだ。

使える物は捨てないで、なるべく使う、ということにした。

友人や知人に、使えるものや必要な物、ほしいと思う物を持って行ってもらう。

必要に応じて、現在の住まいの物と実家から引き取った物を入れ替える。

寝具や衣類、座布団類、台所用品のプラスチック製品、木製品の家具類、雑誌、書類、書籍などを整理した。

上記の行程から洩れた物を不用品として処分することになった。

もちろん、この行程の中で、現在の住まいからも不用品が発生することになる。

今回は燃えるものに限っての作業だったので、不用品として残ったものは市の焼却処分場へ持参することにした。

事業上で排出されるゴミではなく家庭ゴミなら、市の焼却処分場での処分料は無料。

この方法で、焼却処分できる不用品は、大半を片付けることが出来た。

木製品の家具類は、リサイクルショップで引き取ってもらうことも考えたが、安く買いたたかれることは目に見えている。

それなら、ほしいと思っている知人や友人に使ってもらった方がありがたい。

実家の大量の不用品の処分は大変な労力を要した。

しかし、親が建てた家を処分するとは、こういうことなのだろう。

家を建てる親の苦労を思えば、それを処分する苦労など、親の苦労の比ではない。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る