2012年、今年のキノコは大不作になるのか?

美味しいキノコの炒め料理。
やっと古川の八百屋さんの店頭に地物のキノコが並んだようだ。
それも、ほんの少し。

例年だと、この時期は古川の各八百屋さんの店頭はサモダシ(ナラタケ)のオンパレードなのだが・・・。

やはり今年の山のキノコは、今のところ、大不作のようだ。

地元の新聞によると、アミタケやマイタケが少々、八百屋さんの店頭に並び始めたという情報。

例年よりは3週間遅れの、地物キノコの登場となった。

キノコの生育条件は、一日の最低気温が15℃前後、最高気温が23℃前後が適している環境であるらしい。

今年は、9月いっぱい頃まで高温少雨が続いた。

それが、今年のキノコの生育を遅らせた原因のようだ。

この状態で、突然寒くなったら、もうキノコは出てこないと思う。

もうそろそろ八甲田山に初冠雪があるころだ。

八甲田山でのキノコ収穫のチャンスは、山の初冠雪までと私はみている。

ここ一週間が勝負時。

キノコが一斉に頭を出すXデーがあると思う。

その時にあたれば、一日で大量のキノコが採集出来るはず。

今年のキノコ採りの方法は、時期(Xデー)を選んで広く歩く事だと思う。

広く山の中を彷徨い歩くのは、私の得意とする山歩きの方法だ。

好天のXデーに、凝縮した感動が味わえるのか、どうか・・・。

Xデーを逃せば、それまで。

もう、今年は地物のキノコを口にすることは出来ない。

今度の日曜あたりがヤマかな。

今年のキノコの出来具合が大不作になるのか、かなり遅れてからの出現となるのか、今のところそれは不明。

運のよい者だけが、何がしかのキノコを手に入れる事ができるだろう。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク