公園のメタセコイア(曙杉)の紅葉

メタセコイア(曙杉)
メタセコイア(曙杉)
メタセコイア(曙杉)は青森市の平和公園付近ではたくさん見かける公園樹である。
そのメタセコイアの遅い紅葉が始まりつつある。
メタセコイアは、紅葉の最盛期には鮮やかな赤褐色に染まる。

この写真の状態では、そうなるのはまだ先のことになるだろう。
そんなメタセコイアの、変化する紅葉の様子を眺めるのも、散歩の楽しみのひとつ。
樹形が大きく、しかも整っているので、その紅葉は見事である。
街に初雪が降る頃、メタセコイアは赤褐色に輝いていたりする。

散歩を通して、様々な変化に出会う。
散歩とは、変化を眺める行為であるのかもしれない。

メタセコイアという名前は、古めかしい印象を持っているが、その名のイメージ通り生きた化石として有名である。
日本では、300万年から100万年前頃まではたくさん生えていたと言われている。

この古代の木が、どいういう方法や仕組みで現代まで生き残ってきたことか。
生きた化石として身近なものにゴキブリがあるが、ゴキブリの種族が古代生物として生き残ってきた理由は、なんとなく解るような気がする。
抜群の適応力みたいなものを感じるからだ。

メタセコイアは当初化石として発見されたため、絶滅した種と思われていたらしい。
ところが、メタセコイアは、中国のある地方で現存する事が確認され、挿し木や種子という「方法」で広く植栽が行われたらしい。

ゴキブリは人間に嫌われながら生き延び、メタセコイア(曙杉)は人間に愛されたゆえに生き延びている。
この2者が自分史を語りながら会話したら面白い「劇」になるだろうと思いながら、公園の散歩を続けた。
散歩は思索。

メタセコイアの紅葉しかけた葉
メタセコイアの紅葉。
メタセコイアの並木
メタセコイアの並木。

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

津軽弁のハクランは霍乱

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする