公園の夜の幻想を照らす外灯

公園の丘の向こうで外灯がまだ灯っている。
朝の8時頃に、犬の散歩に公園に行ったら、まだ外灯が灯っていた。

曇りの朝の薄明かりのなかで外灯の存在感が際立っている。
葉を落として、すっかり丸裸になった公園樹の命の灯火のような在り様。

冬の朝に外灯が灯っていると、あたりが、より一層幻想的になる。
だから、冬の朝の外灯の写真はよく見かける。

いろいろな写真の、いろいろな場所で、外灯はいろいろな幻想風景を演出している。
それらの外灯はみな、広々とした場所に立っている。

この公園はそんなに広く無いので、すぐに幻想風景から醒めてしまう。
朝の街の音が、しだいに大きくなってくるからだ。
夢から覚めれば寒々とした冬景色。

外灯はポツンと、遅刻した小学生のように頼りない。
雪を被って雪の中に立っている公園樹が、裸の枝を広げて笑っているように見える。
丸裸の木の静かな笑いと外灯の淡い灯火。

外灯が消えても、小さな幻想風景は、まだ消えずに残っていて、小さなもの思いのように瞬いている。
静かな雑談のように、ひらひらと雪国の日常に入り込む雪片の幻想。
それは、雪国の生活の同居人。

公園の外灯は、雪景色の幻想の一部を照らしているに過ぎない。
そこだけがクローズアップされ、私たちの感情が、その光景にのり移ったように見える。

薄明かりの広がりに伴って、幻想風景が広がっていく。
広がりながら消えていく。

もの思いの拡散。
静寂がやぶられ、木々の枝先の静かな語らいが押し黙る。
その言葉を聞き逃すまいと耳を澄ます。

雪片の幻想は、言葉のように寄り集まって、謎のような文章を綴っている。

上の写真の部分拡大。
雪を被った公園樹。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)