初冬の公園で色彩が薄らいでいく落ち葉

落ち葉。
初冬の公園の、黒いアスファルトの歩道に落ちた落ち葉の写真。

まだ色彩が残っているが、これからだんだんと黒っぽい褐色の枯れ葉色に変わっていくのだ。

落ち葉の1枚1枚が言葉のように地面に散らばっている。

雄弁な季節が終わって、無言の冬に入るという落ち葉の言葉かも知れない。

じっと下を見て、言葉の葉を探してみたが、ついに見つからなかった。

落ち葉は言葉としての姿を現さない。

ひそひそと言う、落ち葉の言葉に耳を傾けると、「ありがとう」とも聞こえるし「さようなら」とも聞こえる。

どちらも別れの言葉のようだ。

うつむいて何かを言おうとしたら、言葉が落ち葉になってしまった。

色あせた言葉の落ち葉だ。

はらはらと口からこぼれて、あたりが静かになった。

少し黙ってみないか、と落ち葉が言っている。

少し黙って、本当とか嘘とか、そういうものでは無い言葉を探してみないか。

本当とか嘘とか、そういうものは腐る。

私たちは腐るけれど腐らない。

ありのままの言葉は、熟していく。

ありのままの言葉は知性の森を育てる。

ありのままとは難しいね。

いまあるありのまま。

刻々と変わっていくありのまま。

それを映しとるのが言葉だよ。

落ち葉がそう語っている。

万葉の昔から、そう語り続けてでもいるように。

2012年の、初冬の公園で色彩が薄らいでいく落ち葉だ。

それは猿オヤジの戯言さ。

スポンサードリンク