雪をかぶったサンシュユの赤い実

サンシュユの赤い実。
公園の池の中島にあるサンシュユが、すっかり葉を落としていた。

紅葉した葉の影に隠れていたサンシュユの赤い実が、姿を現している。

今日は、朝から雪模様。

サンシュユの小さな赤い実に雪が積もって、冬の静かな情景になっている。

冬の赤い実は、ピラカンサやナンテン、ウメモドキなどよく見かける。

ここのサンシュユの赤い実は、これらと違って、密でもなく疎でもなく、バランスが心地いいと私は思っている。

雪の降らない地方のサンシュユの実は、この写真のものよりもっと密に枝に付くらしい。

木全体が赤々と燃えているように見えるほど賑やかに実るらしい。

それが、冬枯れの落葉樹のあいだで、一際目をひくのだという。

平和公園のサンシュユは、侘しさのバランスが良いのだ。

白い雪と、ポツポツと赤い実。

寂し過ぎず賑やか過ぎず、静かな存在感がある。

遠目に目立っているのではなく、近づくとはっと気がつく。

こんな所に赤い実が・・・と。

雪の中をとぼとぼ歩いて、赤い実に気がつき、少し元気をもらう。

ああ、赤は良いなと思いながら、またとぼとぼと歩みを進める。

冬の都市公園の、感傷的な旅人を励ましてくれるサンシュユの赤い実だ。
サンシュユの赤い実。
雪をかぶった赤い実。
池のほうへ枝をのばしているサンシュユ。
まだプクンとしているサンシュユの実。
赤い色が活き活きとしている。
冬の色彩の赤い実。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)