雪だるまの孤独

雪だるま
悲しい雪だるま。
行き止まって立ちつくし、やがては消える雪だるま。


行き止まって往き黙る雪だるま


黙って消えていくのが雪だるま。


雪だるまのまま留まる方法は無い。


消えかかって、何時から雪だるまでなくなるのか。


雪だるまが崩れて雪塊になるとき、その雪原に雪だるまの孤独が立っている。


消えた孤独は、いつまでも立ち続けるだろう。


それでも、春の若草に心癒されることがあるかも知れない。


足の無い雪だるまの悲しさは、生まれた場所が行き止まりという自らの運命。


雪だるまの悲しさは、自身の運命について、何も語れないという悲しさ。


行き止まって往き黙る雪だるま。




過去7日間の人気記事ベストスリー

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

スポンサードリンク