雪だるまの孤独

雪だるま
悲しい雪だるま。
行き止まって立ちつくし、やがては消える雪だるま。


行き止まって往き黙る雪だるま


黙って消えていくのが雪だるま。


雪だるまのまま留まる方法は無い。


消えかかって、何時から雪だるまでなくなるのか。


雪だるまが崩れて雪塊になるとき、その雪原に雪だるまの孤独が立っている。


消えた孤独は、いつまでも立ち続けるだろう。


それでも、春の若草に心癒されることがあるかも知れない。


足の無い雪だるまの悲しさは、生まれた場所が行き止まりという自らの運命。


雪だるまの悲しさは、自身の運命について、何も語れないという悲しさ。


行き止まって往き黙る雪だるま。




スポンサードリンク