フキノトウの輪郭切抜き写真(ダウンロードフリー)

フキノトウ。
初春の風物詩、フキノトウの輪郭切抜き写真。

フキノトウは、もっとも春の訪れを象徴する植物。

林道の傾斜地などの、春の固い雪を掘り起こせば、フキノトウの芽に巡り会えることがある。

フキノトウは、春の雪解けを待たずに土の中から顔を出すのだ。

写真のフキノトウは、花が開き過ぎて、食べるのには適さない。

フキノトウの旬の味を楽しむなら、まだ「苞(ほう)」が開く前のつぼみのうちが食べごろ。

「苞(ほう)」とは、上の写真の「花」の周囲にある葉のようなもの。

フキノトウの花は、花序といって、小さな花が寄り集まって出来ている。

写真としては、花が開いたものの方がフキノトウらしい。

食べるのと鑑賞するのでは、微妙に時期が違う。

花としてのフキノトウは、素朴な美しさを持っている。

春の息吹が化身したような、優しい姿だ。

ウェブサイトで初春の雰囲気を伝えるのに、フキノトウの輪郭切抜き写真は割と効果的。

厳しい冬が過ぎて、温かい春が到来しつつあるのを、フキノトウが告げているのだ。

春の到来を告げるものに触れるのが、冬の寒さの影響で溜まったストレスを解消する方法である。

雪解けを待たずに芽を出すフキノトウのパワーを、ウェブサイトに呼び込んではいかが。

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る