夏椿の冬芽と果殻(かかく)

ナツツバキの冬芽と果殻
犬の散歩途中の公園でナツツバキの冬芽を見つけたので、カメラでマクロ撮影を試みたがピンボケになってしまった。

冬芽のそばには、ナツツバキの果実の殻である果殻(かかく)が越冬して残っていた。

初夏に白い花が咲き、秋には葉の紅葉が鮮やかなナツツバキだが、その果実はまだ目撃していない。


ナツツバキの花や葉は、冬に花を咲かせるツバキほど分厚くはない。

常緑樹のツバキの葉は厚くてツヤが目立つが、ナツツバキの葉にはツヤがほとんど無い。

球形のツバキの実からは、有名なツバキ油が採れるらしいが、ナツツバキの実からも油のようなものが出るのかどうか・・・・。

手持ちの図鑑には、その記載が無い。

同じツバキ科の樹木なので、共通な要素がありそうだがと思ってネットで調べたら、中国ではその種を酒に浸して薬用酒をつくっているとか。

これも判然としない。

ツバキの影に隠れてあまり存在感の無い木なのかなと思ったが、庭木としての人気は高いらしい。

比較するのがいけないのだ。

ツバキもナツツバキも、人間の都合で同じ仲間に分類されているが、違う存在だぞと自己主張している。

ナツツバキの特徴ある樹皮も、その一端だ。

樹皮が剥げ落ちて、下の写真のような模様になっている。

だがこれも、幹の外観がサルスベリに似ているので、ナツツバキをサルスベリと呼ぶ地方もあるとか。

植物には色鮮やかで目立つものがある。

私たちはそれらにだけ目を向けてしまいがちだ。

他は意識的に注目しなければ見落としてしまうものが多い。

植物自身は、しっかりとそれなりに自己主張しているのだが、それが人間には届かない。

人の目は、目立つものを追いかけてばかりである。

年老いてから、人々は、自身がいろいろな事物を見過ごしてきたことに気付く。

身近な植物に、こまごまと目をやるようになるのは、それらに対する罪滅ぼしかも知れない。



手前がナツツバキの特徴のある樹皮

スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る