2013/04/04

投稿や記事を書く際に留意すべき事

つい最近公開になったGoogleのウェブマスターアカデミー日本語版では、次のような事が言われている。
Google検索結果で上位に表示されやすいサイトを作成するためにするべき事は、Google のランキングのアルゴリズムやランキングを決定する要素の心配をすることではなく、優れたコンテンツを作ることに集中することだ、と。
そのために、Googleウェブマスターアカデミーでは、投稿や記事を書く際に留意すべき点として以下の事を上げている。

これは、このブログの投稿や記事にも当てはまることなので、私の解釈を交えて、まとめてみようと思う。
私のまとめ方に少し誤解釈があるかも知れないが、そこがこのブログ(方法)の独自性でもある。

(1)、そのブログの記事に書かれてある情報が信頼できるものであるか
(2)、通り一遍の解り切った内容ではなく、新しい視点や観点で書かれた有益で役に立つものか
(3)、独自の情報やレポート、独自の発見、研究、分析が含まれているか
(4)、検索結果に上がった他のページに比べて、十分な価値や、興味をそそる内容であるかどうか
(5)、そのブログに書かれた内容が、雑誌や百科事典、書籍などに記載されるだけの価値があるか
(6)そのブログのテーマにおいて、権威を認められているサイトか

(1)の、情報が信頼できるものかどうかは、私のブログの場合、個人的な体験を元に書いているので何とも言えない。
ただ、私のブログは「正確な情報」を得るためのヒントには、大いになり得ると思っている。
(2)の、有益で役に立つものであるかどうかは、人それぞれだと思っている。
解り切った内容のものを、ことさら目新しい事実として掲げるようなことはしていない。
このブログに有益な情報は少ないかも知れないが、たまにユーザーをリラックスさせる記事はあると思う。
そういう点では、ユーザーの気分転換のため、ほんの少しは役に立っているかも知れない。

(3)の、独自の情報やレポート、研究、分析が含まれているかは、これも、ほんの少しはあるかも知れない。
「個人的な体験」についての記事は、その人自身の「独自性」に満ちているからだ。
その体験の情報を、単なる個人的な内容に踏みとどまらせることなく、いかに一般的・普遍的な事実として解明するかがブログの課題だと思う。
しかし世の中には、専門的な研究や分析が無くても、十分面白くて役に立つ話が数多くあるのも本当のところだ。
(4)の、他のページよりも十分な価値があるかどうかは、これも人それぞれ。
価値の判断基準において、価値が見つかったり見つからなかったりすることがあるだろう。
(5)は(4)に類似した内容。

(6)の、権威に認められているサイトかどうかという見方は、新しい価値を創造する企業としてのGoogleの意見らしく無いと思った。
その専門性を認められているサイトか、という意味合いなのだろう。
「日本語のウェブマスターアカデミー」は原本の翻訳版であるから、こういうニュアンスの違和感が生じるのかも知れない。
いずれにしても、Google検索結果で上位表示を目指すか否かにかかわらず、ブログを運営するにあたって参考になる項目なので、心に留めておくべき「方法」だと思った。

スポンサーリンク