公園の遊具の正体

スプリングライダー
都市公園の遊具。
近所の公園に、場違いなほどユニークな表情の遊具が、去年の秋遅くに設置された。

今まで、何度かそばによって眺めて見たが、その正体はわからずじまい。

今日、何気なくこの遊具の下側を覗いてみたら、正体を知る手がかりになりそうなものを見つけた。

下の写真のように、黒い板バネの湾曲している内側を下から覗いたら、メーカー表示らしきシールが貼られてあった。


スプリングライダーの板バネ
板バネの内側にシール。


スプリングライダーのボデイ下
遊具のお腹に刻印があった。

これは、と思い遊具のボデイの下側、この珍動物のお腹の部分を下から覗いてみた。

すると、上の写真のように、メーカーの刻印が。

それによるとこの遊具は、アメリカのMIRACLEという会社で造られたもののようである。

早速ネットで検索したら、MIRACLE社は公園の施設や遊具を手広く製作している会社らしい。

だが、製品のページを眺めても、この緑色の珍動物は見当たらなかった。

そこで、「公園遊具 MIRACLE」と検索を進めると、千葉県に本社をおく日本の遊具会社のホームページがヒット。

そのサイトの電子ブック方式の、公園遊具カタログを開くと、なんとここに、あった。

まぎれも無い、緑の珍動物の遊具。

このタイプの遊具は、この会社では「スプリング・ライダー」と呼んでいるらしい。

なるほど、スプリング・ライダーの方がロッキング遊具よりも、この珍動物に似合っている感が強い。

珍動物はカタログでは「フリッポ」と名付けられている。


さらに、「MIRACLE Flippo」と検索を続けると、MIRACLE社のサイトの製品のページに飛んで、このフリッポを見ることができた。 

やんちゃなアメリカのちびっ子が、フリッポに乗って遊んでいる光景の写真が添えられている。

MIRACLE社での正式名称は「Flippo Offspring Rider」となっている。

遊具使用に適した年齢は、2歳から5歳。


件のフリッポの使用上の注意書きには、その年齢幅が3歳から6歳とある。

日本の子どもはアメリカの子どもより1歳遅れているのか、と勘ぐってしまいそうだ・・・。


いずれにしても、やっとこの珍動物の正体の一端が判明したわけだ。

ものの正体を知る方法は、目につかない部分を見るべし。

視点を変えて観察すべし、である。

正体究明の達人であれば、その人物の背面や背後関係から、正体をズバリと見極めるのであろう。

現実には、なかなか、そうはいかない・・・・。


スプリングライダーの背面
背面の板バネの外側に、使用上の注意書き。

スプリングライダーの注意書き
禁止事項などが書かれている。


スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る