一目瞭然、平和公園のヘラオオバコの分布

(1)平和公園のケヤキ広場。
先日、ヘラオオバコのことについて書いた。

今日の記事は、青森市平和公園のヘラオオバコについて。

平和公園では、ヘラオオバコの分布状態が一目瞭然。

まことに明解である。

深く調べなくても、ざっと見て解る。

この記事は、ざっと見て解った程度の、平和公園におけるヘラオオバコの分布について、簡単に書いたものである。

(1)は平和公園の東端に位置する「ケヤキ広場」の写真。

この広場は、ケヤキの大木で天空を被われている。

そのため、夏場は絶好の木陰空間になっていて、涼を求めてやってくる人が多い場所だ。

日が当たらないのと、多くの人が踏みつけるので、「ケヤキ広場」の下草は写真の通り繁茂とは程遠い状態になっている。

野草の刈り払いが不要の広場である。

ただ、ケヤキの落ち葉の掃除は、晩秋に行われている。

この広場では、ヘラオオバコの姿は皆無だ。

ヘラオオバコは日陰でも生育する野草らしいので、ここでの生育が認められても良さそうなのだが。

だが、極端に陰性な植物を除いて、その他の野草は日の光を求めているに違いない。

「ケヤキ広場」にヘラオオバコが育たない一因には日照不足があるのでは、と私は思っている。

ヘラオオバコは踏みつけに弱いという。

これが、「ケヤキ広場」でヘラオオバコが育たない一番の原因かも知れない。

平和公園の中では、「ケヤキ広場」は最も多く人の集まる場所である。

人による草の踏みつけの盛んな場所故に、ヘラオオバコには適さない土地柄と言える。


オオバコは、踏みつけに強い草であるから、「ケヤキ広場」ではよく見かける。

(2)の写真の草が、葉がそっくりなのでオオバコだと思うが、この時期に花穂の茎が見当たらないのがちょっと疑問だ。

(2)「ケヤキ広場」の下草。オオバコか?

(3)(4)は、一面のヘラオオバコの写真。

平和公園では、ここがヘラオオバコの楽園といった感じである。

ここは平和公園の西北端に位置する「野外ステージ」の草むら。

日当り良好の場所。

(5)の写真のように、この広場のぐるりはツツジの植え込みで囲われている。

ちょっとした閉じられた空間で、人があまり足を踏み入れない箇所だ。

屋根付きステージがあるので、このステージを利用したイベントでも行われていれば、多くの人がこの草むらを踏みつけているに違いない。

そんなイベントは、長い間行われていないようだ。

ヘラオオバコの楽園状態がそれを裏付けている。


(4)の写真には、ヘラオオバコといっしょにシロツメクサ(クローバー)も写っている。

ヘラオオバコとシロツメクサが共存している。

どちらかがどちらかを駆逐するということは、無いのか。

それは、年数をかけて見物してみなければわからないことだ。


平和公園では、「野外ステージ」の草むら以外にヘラオオバコの群生場所は無い。

公園の西南端の無名池のほとりで、ヘラオオバコをちらほら見かける程度である。

このように、平和公園でのヘラオオバコの分布は一目瞭然としている。

無いところには無い。

あるところには、山ほどある。

(3)一面のヘラオオバコ。

(4)ヘラオオバコの楽園。

(5)ヘラオオバコの群生地、野外ステージ?の広場。写真奥の、やや左よりに見える小さな建造物が野外ステージ?

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク