白い花と赤い花、どちらを好むか?

ヤマボウシの花
公園のヤマボウシが咲いた。
散歩コースにある小学校のグランドの脇の公園で、ヤマボウシの赤い花を見つけた。

赤いヤマボウシ。

子どもの頃、似たような題名の映画を観たことがある。

たしか・・・「赤い影法師」という忍者物の映画だった。

女忍者役の木暮実千代さんが、子供心ながら妖艶に見えたのを覚えている。

さて、赤いヤマボウシの花はベニヤマボウシと呼ばれている。

白い花のヤマボウシとは品種が違うようだ。

白い花と赤い花と、どちらを好きかと問えば、多くの人は赤い花と答えそうな気がする。

赤い花の方が、花としてあでやかに見えるからだ。

艶があって奇麗だという人もいるだろう。

白い花の方が清楚で慎ましい感じがして好きという人もいる。

好みは様々だ。

その好みが、その人の生き方を想像させるから面白い。


白と赤の対決は、清楚と「あでやか」の対決のようである。

高峰秀子さんと小暮実千代さんの対決を思わせる。

といっても、これは架空の対決のこと。

ヤマボウシの白と赤の花から連想したまで。


ヤマボウシの赤い花と書いたが、下の写真のように花びらに見えるものは、実は「総包片」という葉の一種。

4枚の「総包片」の中央にある球形のものが集合花である。

「植物学的」にはそうらしいが、観賞する者にとっては「総包片」も花びらのようなもの。

小暮実千代さんの妖艶さは、実際は小暮実千代さんの花ではなかったかも知れないが、私の記憶のなかでは妖艶な花だった、というのに似ている・・・・かも知れない。

赤いヤマボウシの花
ベニヤマボウシ。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク