紫陽花の空染み入る夢のなか

紫陽花
葉も鮮やかな紫陽花。
二三日雨が続いた後、近所の公園の紫陽花が咲いた。
陽光を求めて、次々と大きな花を開いていく。
紫陽花は、花もきれいだが、花が咲く頃の葉の緑も美しい。
初々しい若葉色。
葉と花が放っている光が柔和だから、心が和む。
その花が、かすかな風に揺れている。

公園の脇の道にクルマを停めて、タクシーの運転手が昼寝をしている。
紫陽花の柔らかい光が、昼の眠りを誘っているようだ。
ギラギラ照りつける夏の太陽だが、紫陽花の穏やかな笑顔が強い光線を爽やかにかわす。
紫陽花の身のこなしは、淡い色合いのムーブメント。
夢色に染まっていく風景のなか、静かな風が吹き抜ける。

涼し気な水色の模様を染めこんだ単衣。
タクシーに向かって歩いてきた女の人が、クルマのボンネットを手のひらで軽く叩いた。
運転手は、まだ寝ぼけ状態。
紫陽花の方ばかり、寝ぼけ眼で見ている。
「たのみますよ。」
女性は日傘の陰でちょっと顔を傾げ、おだやかな笑顔で運転手に言った。
「昭和通りまで、お願いね」

運転手は、「ずいぶん遠い時代へ行くんだねぇ。」と、まだ夢の中。

紫陽花の空染み入る夢のなか  草児

「辛抱強い愛情」というのも、紫陽花の花言葉のひとつらしい。
紫陽花は、「昔を懐かしむ」という花言葉の方が似合いそうな気がするが。
ほら、「まだ純粋でいられた私。」とか。
「まだ、ニラレバ炒めが好きだった私。」とか。

女性は、日傘をたたんで、慣れた様子でタクシーに乗り込んだ。
「ご出勤ですか。」と運転手がお愛想を言った。
「いいえ、遠い時代に帰るのよ。」
女の人が微笑んだ。
「それはまた、ノスタルジーを乗せたるじい。」
運転手の下手なダジャレに、和服の女性は涼しい顔でそっぽを向いた。

「懐古」という花言葉なら、ツユクサがそうらしい。

紫陽花
紫陽花の花。

紫陽花
青紫の紫陽花の花。

過去7日間の人気記事ベストスリー

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

おもしろうてやがて悲しき鵜舟哉

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

スポンサードリンク