社員に嫌われる上司のタイプ

居酒屋のカウンターで独りで飲んでいたら、隣に座っていたサラリーマン風の二人連れの会話が耳に入った。

その若い二人の男は、いろいろな話をしていたが、酔いが進むに連れて、会社のことや直属の上司のことに話題を振り始めた。

会社の悪口大会が始まったのだ。

でも、単なる悪口ではない。

よく聞いていると、観察と分析に基づいた具体的な評価のようなものだった。

その点で、なかなか聞き応えのある悪口大会だった。

そのうち二人で、仕事の進行を妨げる上司のタイプについてまとめ始めた。

今の若い人たちは、まとめ方が上手い。

感心した。

では、そのタイプとは。

(1)仕事とプライベートの区別が無い上司。

これは、いつまでもダラダラと仕事をしていて、部下のプライベートな時間を浸食する上司のことらしい。

けじめが無く、段取りの下手な上司にこのタイプが多いという話。

なるほど、なるほど・・・・。

(2)仕事のスキルが無いことを自覚していない上司。

このタイプは当然、部下のカバーにも気がつかないらしい。

(3)自身や社員の許容量や能力を無視して、仕事を安請け合いする上司。

決断力の鈍い上司、状況判断のできない上司にこのタイプが多いとか。


こういう人物は、避けるに越したことは無い、というのが賢明そうな若者の結論のようだ。

でも、会社組織では、避けることのできない問題でもある、と嘆く。

その嘆きを、カラオケで晴らそうと、二人は夜の街へ消えていった。


しかし、この「まとめ」は自営業者の私にも当てはまる事柄だ。

特に(3)は身につまされる。

優柔不断な私にとっては切実な問題だ。

自営業者の場合、自身が上司であり部下でもあるのだから、マイナス効果は計り知れない。

そう反省しつつ、私は居酒屋学校の授業料を払ったのだったが・・・。

ひょっとしたら、社員に嫌われる上司のタイプは、自営業者のオヤジタイプなのかも知れない。


スポンサーリンク

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る