林縁でにぎやかに咲く夏の白い花・クサギ

クサギ01
【クサギの白い花。写真が下手で、見にくくてごめんなさい。】


林道を散策中、林縁でクサギの花を見つけた。
白い花が一斉にわーっと咲いていて、とてもにぎやかである。
クサギは、その名の通り「臭い木」が名前の由来であるらしい。

クサギの葉を揉むと独特の匂いがする。
まあ、樹木の葉は、クサギに限らず、それぞれ独特の匂いを持っているものだが。
クサギの葉が人間に臭いと感じられて、そういう木の名前になってしまった。

花に顔を近づけると、かすかな良い香りが漂っている。
ユリの花の香りにちょっと似ている。

人は臭い匂いに囚われ過ぎて、甘い香りに触れる機会を逃がしてしまう。

白い花びらの奥にある赤みがかったものが萼(がく)。
花が終わると、この萼(がく)の色がだんだんと濃くなる。
この萼が、白い花が終わった後、赤い花が咲いたような印象を見る者に与える。
クサギは、二度、華やかなにぎわいを楽しめる木なのだ。
いや、三度かも知れない。

秋の中頃、鮮やかな赤色になった星状の萼に包まれて、濃い藍色の丸い果実が姿を現す。
クサギのそういう色鮮やかな光景が見物できるのは、もうちょっと先になる。


クサギ02
【にぎやかな開花。】


クサギ03
【林縁のクサギ。】

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク