公園の松林の中に生えていたキノコ

松の落ち葉の中からキノコが出ている。


犬の散歩コースの公園でキノコを見つけた。

公園の中に、ちょっとした松林があって、そのキノコは松の枯葉の中から生えている。

柄は白くて太い。

傘は、赤みを帯びた白っぽいもの。

ちょっとサクラシメジに似ている。

だが、サクラシメジは広葉樹林の林床に生えるキノコだ。

この写真のように、サクラシメジは松の枯葉の中から頭を出すことは無いようなのだ。

調べてみると、サクラシメジによく似ていて、針葉樹の林床に生えるキノコがあった。

「サクラシメジモドキ」という名のキノコである。

「擬き(もどき)」とつくのであるから、サクラシメジに匹敵するほどのキノコなのだろう。

サクラシメジの熱烈なファンなら、喜んでこのキノコを摘み取るところなのだろうが、私はサクラシメジのファンではない。

写真を撮って、この後の経過を観察することにした。

サクラシメジもそうなのだが、サクラシメジモドキも柄の白い色が、日にちが経つにつれて傘の色と同色になるという。

それと、傘の裏のひだも詳しく見てみないといけない。

いろいろ調べたら、このキノコがサクラシメジモドキであるかどうか判明するだろう。


都会の公園の自然は、大自然のミニチュア版であるという側面を持っている。

人間の作った「自然」としての公園に、大自然からの進入者として、こんなキノコが混じっているのだろう。

公園の手入れ(維持監理)とは、人間の作った「自然」の状態を保つこと。

だが、人間のそんな思惑をよそに、大自然は、色々な進入者を送り込んでくる。



上から撮影。


大きいのと中くらいなサイズのキノコ。

◆今まで書いた記事一覧(この文字をクリックすると展開します。)

もっと見る

スポンサードリンク