大腸内視鏡検査の予約

昨夜から軽い腹痛と下痢。

夕飯のキムチ鍋が、多忙によるストレスで弱っている胃腸に影響したのか。

今年はまだ大腸ポリープの定期検診を受けていない。

7月がその予定月だったが、仕事に追われて、予定を組めなかったのだ。

そのことも気になっていたので、今回の腹痛・下痢に関して、胃腸科医院の医師に診てもらった 。

今まで大腸の検査を受けていた医院は、検査の度に検査の医師が変わるので、ちょっと不安だった。

そのことは、以前の大腸ポリープ検査の記事にも書いた。

不安に思っていたから、今回は、医院を替えることにしたのだ。

今日診察を受けた医院は、拡大内視鏡の設備があるという。

拡大内視鏡とは、通常倍率(5倍程度)から100倍までの拡大観察ができる装置のこと。

この拡大内視鏡によって、大腸壁の表面構造の詳細な観察が出来、より確実な診察が可能であるという。

それが、この医院を選んだ大きな理由。

また、知り合いが通っているという話も、参考になった。

全く知らない病院よりは、多少でも情報のある病院の方が安心感が湧く。

それに、この医院のウェブサイトには、自医院での内視鏡検査についての説明のページがある。

ホームページを開設している病院の方が、まったく情報の無い病院よりは、信頼感を抱きやすい。

今は、一般的にそうなのだ。

これらも含めて、私の病院を選択する基準は以下の通り。

(1)医師の評判。

(2)医院の設備。

(3)病院職員の人柄や医院全体の雰囲気。


さて、今日の診察の結果は、問題点は見当たらないという。

尿検査と問診と超音波検査が主な診察内容。

その結果、早急にどうということは無いという結論だった。

で、詳しいことは次回の大腸内視鏡検査で、ということになった。

11月いっぱいは多忙なので、検査は12月6日と予約した。

(1)それまでに、検便用の便の提出。

(2)検査日前日と検査日は検査食を摂ること。

(3)検査当日は、自動車を運転しての来院、自転車での来院は避けること。

以上が、この医院での注意事項だった。

私の大腸ポリープ体験記事のまとめページです。関心のある方は、こちらの閲覧もどうぞ。

スポンサードリンク

過去7日間の人気記事ベストスリー

山菜 ミズ(ウワバミソウ)

デジカメが「レンズエラーを検出しました」というエラーメッセージとともに起動しない

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

◆過去記事の閲覧(クリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

ビールを飲むと翌朝下痢をする