ケヤキの木と、ツツジの雪囲いの関係

スズメ
雪囲いの下のスズメ。
ツツジの雪囲いの下を、数羽のスズメが歩き回っている。

雨も雪も降っていないので、ツツジの枝の下での「ナントカ宿り」では無さそうだ。

このツツジは常緑性で、真冬でも緑の葉で覆われている。

何をしているのだろうと、カメラ片手に近づくと、スズメたちは一斉に飛び去った。

ツツジの根元には、スズメたちの足跡が点々。

すぐ側のケヤキの木から落ちた、細い枝先付きの枯葉

それが、雪囲いの中のツツジの根元に吹き溜まっている。

なるほど、これだね。

スズメたちは、雪囲いの空間のなかで、ケヤキの実を啄んでいたのだ。

ツツジの根元には、西風で吹き寄せられたケヤキの実の「枝豆」がどっさり。

雪囲いは、スズメたちにとって、レストランの店内感覚か。

囲いのある安堵感につつまれながら、スズメたちは食事をしているのだろう。

ケヤキの木は、雪が積もっても、まだ枯葉を身にまとっている。

時々、風に散って、白い雪の上に落ちだ枯葉が、ツツジの雪囲いの中へ滑り込んでいく。

ツツジの雪囲いの中は、スズメの餌場となっているようだ。

上空のケヤキの木が、せっせと「枝豆」を落としてくれる。

なかなか落葉しないケヤキは、スズメたちにとって蓄えの良い木であるのかも知れない。

ケヤキの貯蓄は、ツツジの雪囲いレストランへ提供される。

そうして、吹き溜まったケヤキの葉が、ツツジの肥やしになるのかどうか。

肥やしにはならなくても、ツツジの足元を温める暖房ぐらいには、なっているかもしれない。

ツツジの雪囲い
常緑性のツツジの雪囲い。

雪の上のスズメの足跡
雪の上のスズメたちの足跡。

ケヤキ
ケヤキの木と、その下のツツジの雪囲い。

過去7日間の人気記事ベストスリー

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

日に焼けたら老人性白斑が目立ってきた

枯れかけていたドウダンツツジが驚異の復活

◆過去記事リスト(この文字をクリックすると展開します)

もっと見る

全期間を通しての人気記事10選

大腸ポリープを切除した後の注意点

大腸ポリープ切除手術

マレットフィンガーの発症から完治までの経過

自動車の鍵を全て紛失した場合

マレット指が元の状態に回復して完治

食後にお腹が鳴る(腹鳴)のを解消する方法として「腹式呼吸」を実行

植栽のいろいろな雪囲いの仕方

視界の一部がチラチラ(チカチカ)して、ものが見えにくい・閃輝暗点

私の雪かき道具とその使用方法

童謡「里の秋」の「おせど」とは「お背戸」のことらしいが「お背戸」って何?

スポンサードリンク